メンズファッション

【徹底比較】セントジェームスとオーシバルはどっちを選ぶべき?【縮み・サイズ感】

こんにちは。ヒロシです。

バスクシャツを探しているけど、セントジェームスとオーシバルが良いと思っている。
買うにあたって、この2つのブランドのサイズ感や生地感、シルエット等の違いが知りたい。
セントジェームスとオーシバルのバスクシャツでは、どっちを買うべきかな?

 

フレンチカジュアルの代名詞ともいえる「バスクシャツ」。

1枚あればオールシーズン着られるので、本当に重宝します。

 

フランス製のバスクシャツといえば、セントジェームスオーシバルが2大ブランドです。

どちらも評判が良いですが、それ故にどっちを買うべきか迷うのではないでしょうか?

 

そこで今回は、セントジェームスとオーシバルのバスクシャツのサイズ感や縮み、生地感やシルエット等を徹底比較していきます。

Hiroshi
Hiroshi
僕は両方のブランドのバスクシャツを実際に着ていますので、体験からお話していきます!

 

本記事を読むことで、「セントジェームスとオーシバルのどっちを買うべきか」「選び方のコツ」等がお分かりいただけますよ。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

SAINT JAMES(セントジェームス)
¥7,000
(2020/06/05 00:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

Orcival(オーチバル・オーシバル)
¥10,450
(2020/06/04 22:32:33時点 Amazon調べ-詳細)

SAINT JAMES(セントジェームス)とORCIVAL(オーシバル)のバスクシャツの違いを比較【サイズ感など】

SAINT JAMES(セントジェームス)とORCIVAL(オーシバル)のバスクシャツの違いを比較【サイズ感など】

フランス製のバスクシャツである「セントジェームス・ウエッソン」と「オーシバル・コットンロード」。

今回比較する項目としては、以下の4点です。

  1. シルエット
  2. サイズ感と縮み
  3. 生地感
  4. 価格

ちなみに、いずれもフランス製のコットン100%のバスクシャツになります。

①:シルエット

まずは「シルエット」です。

バスクシャツということで、以下の2つは共通しています。

  • 首元は横に広い「ボートネック」
  • 袖はやや短い「9部袖」

なので、シルエットとしてもかなり似ていますね。

ただ実際に両方とも着てみると、「ゆるさ」が異なります

 

セントジェームス

セントジェームスは、比較的ゆるめの作りです。

セントジェームスのウエッソン

全体的に身幅に余裕があり、ゆとりを持って着られるシルエットに感じますね。

洗うとかなり縮みます(詳しくは後述)が、縦への縮みが大きいと言われるので、割とリラックスして着られるかと。

 

オーシバル

一方でオーシバルは、ゆるさは比較的抑えめ。

出典:https://wear.jp/eno0613/10405993/

「横に縮む」と言われる通り、洗うと身幅がかなり縮むんですよね(こちらも詳しくは後述)。

セントジェームスに比べて、すっきりしたシルエットに仕上がっているのが特徴的です。

 

まぁどうしても写真だと分かりにくいのですが、シルエットの違いは以下の感じだと思ってください。

  • セントジェームス:比較的ゆるめ
  • オーシバル:比較的すっきりめ

ただ、正直シルエットはかなり似ていますし、選ぶサイズによっても異なるので、参考程度ですね。

②:サイズ感と縮み

上で書いたシルエットにも関連しますが、サイズ感や縮みも比較します。

Hiroshi
Hiroshi
私物のセントジェームスとオーシバルが、それぞれどの程度縮んだかを詳しく書きます!

 

セントジェームス

f:id:footmuji:20170224154441j:image

セントジェームス・ウエッソンの、洗濯による縮み・サイズ感の変化は以下です。

(ちなみにサイズはT5=メンズL相当です)

  • 洗濯前:着丈70cm  身幅53cm 袖丈56cm
  • 洗濯後:着丈67cm  身幅50cm 袖丈53cm

ちなみに何度も洗っているので、縮み切った状態になっています。

 

着た感じとしては、着丈はちょうどよく、身幅にはややゆとりがある感じ

秋冬の時期にシャツと重ねても、窮屈感は全然ありません。

セントジェームスのウエッソン
Hiroshi
Hiroshi
若干ゆったりしている感じ程度で、サイズ感としてはちょうど良いですね。

 

オーシバル

f:id:footmuji:20170224155659j:image

続いて、オーシバル・コットンロードのサイズ感と縮みを見ていきます。

(177cm65kgでサイズ4=メンズM相当です)

  • 洗濯前:着丈68cm  身幅53cm  袖丈58cm
  • 洗濯後:着丈65cm  身幅48cm  袖丈54cm

これはもう何回洗濯したか分からないほど洗濯しましたね。

また、こちらを買った時は知識がなく、何回か乾燥機にも入れたので、通常よりも縮んでしまいました…

 

以上の事情がありますが、サイズ感としてはややコンパクトです。

でもそのコンパクトさゆえに、かなりスッキリ着られる印象。

Hiroshi
Hiroshi
シャツと重ねたときのバランス・収まりが良いですね。

 

身幅がセントジェームスよりも小さいので、シャツを中に着ると最初はややタイトに感じられます。

でも、着ているうちに生地が徐々に馴染んでいくので、全く気にならなくなりますよ。

③:生地感

正直、生地感は大差ないです。

  • 最初はガサッとしていて丈夫な感じ
  • 着用と洗濯をくり返すと、徐々になじんでやわらかくなる
  • でも全然へたらない

セントジェームスもオーシバルも、上記の感じですね。

 

まぁ強いて言うなら、オーシバルの方が若干なめらかで、セントジェームスはややガシッとしているかなと。

Hiroshi
Hiroshi
でも生地感は本当に似ているので、あまり気にする必要はないかと思います。

④:価格

価格はいずれも1万円ちょっとです。

どちらもカットソーにしては高めですが、季節を問わず、そして長く着られるのでコスパは非常に良好ですね。

 

ただ、セントジェームスは並行輸入品が買えるので、よりお得に手に入ります。

Hiroshi
Hiroshi
セントジェームス・ウエッソンの並行輸入品「ギルド」は6〜8,000円くらいで買えます。
名前が違うだけで物は同じですから、非常にお得です。

※ちなみに「ギルド」は、ウエッソンの海外での名前です

セントジェームスの並行輸入品について、詳しくは偽物って本当?セントジェームス ・ウエッソン とギルドの違いで書いています。

SAINT JAMES(セントジェームス)
¥7,000
(2020/06/05 00:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

Orcival(オーチバル・オーシバル)
¥10,450
(2020/06/04 22:32:33時点 Amazon調べ-詳細)

【セントジェームスとオーシバル】結局どっちを選ぶべき?

【セントジェームスとオーシバル】結局どっちを選ぶべき?

セントジェームスとオーシバルについて色々比較しました。

比較の結果をまとめると…

  • シルエット・サイズ感:セントジェームスはややゆるめ、オーシバルはややすっきり目
  • 生地感:ほぼ同じ
  • 価格:ほぼ同じ。セントジェームスの方が安く手に入ることも

という感じです。

 

どっちを選ぶべきかについては、自分の好きな方でOKです。

好きなブランドを選んでも良いですし、シルエットで選ぶのももちろんアリ。

Hiroshi
Hiroshi
セントジェームスもオーシバルも非常に良質で、選んで間違いはありません。
僕は両方とも年単位で着たので、これは断言できます。

 

ただ、決めかねているのであれば、セントジェームスの方がおすすめです。

(どっちかと言うと僕もセントジェームス派です)

セントジェームスをおすすめする理由

セントジェームスを選ぶべき理由、それは「使いやすさ」です。

 

オーシバルはスソの部分にブランドのアイコンである「蜂のマーク」があります。

出典:https://wear.jp/item/36840580/

(水色のマークのことです)

このマークが結構目立つので、好き嫌いが分かれるんですよね…

かなりカジュアルな雰囲気が出るので、合わせるアイテムを選ぶ可能性もありますし。

 

一方、セントジェームスにはその類のマークはありません。

セントジェームスのウエッソン

よりミニマルな印象なので、合わせられるコーデの幅が広がり、使いやすいと思います!

ややゆとりを持って着られるのも今っぽいので、迷ったらセントジェームスがおすすめです。

SAINT JAMES(セントジェームス)
¥7,000
(2020/06/05 00:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

Orcival(オーチバル・オーシバル)
¥10,450
(2020/06/04 22:32:33時点 Amazon調べ-詳細)

セントジェームスとオーシバルのサイズ選びのコツ←迷ったら大きめ

セントジェームスとオーシバルのサイズ選びのコツ←迷ったら大きめ

本記事で見た通り、セントジェームスもオーシバルも、ともに洗うとかなり縮みます。

そのためサイズ選びが難しいと言われますが、迷ったら大きめを選べばOKです。

迷ったら大きい方のサイズを

セントジェームスもオーシバルも、迷ったら大きい方のサイズor普段より1サイズ大きめを選んでください。

理由は単純、洗濯をすると1サイズ分は縮むからです。

 

また、バスクシャツはもともと船乗りが着ていたというルーツを持ちます。

となると、本来はそこまでタイトに着るものではないんですよね。

Hiroshi
Hiroshi
ルーツであるバスク地方(フランスとスペインの国境あたり)の船乗りが、やや大きめをサラッと着こなしている姿を何かで見たのですが、めちゃカッコよかったです。

 

また、縮みきった状態でも大きかったら、その時は乾燥機に入れればさらに縮ませることができます。

しかし、小さいサイズを買ってしまうと、何度か洗濯をした末に想定よりも縮んでしまったら、もう着られなくなってしまいます。

 

バスクシャツに関しては、「大は小を兼ねる」と考えて、大きめを選ぶのがおすすめです。

Hiroshi
Hiroshi
多少大きめでも、着丈と袖丈は短めなのでバランスが取れますよ。

セントジェームスとオーシバルのサイズ表記

参考として、セントジェームスとオーシバルそれぞれのサイズ表記を見ておきましょう。

セントジェームス

T0 T1 T3 T4 T5 T6
レディース S M L
メンズ S M L XL

(なぜかT2がありません)

 

オーシバル

0 1 2 3 4 5
レディース S M L XL
メンズ S M L

 

それぞれのサイズ表記と対応サイズになります。

あくまで目安ですが、1つの参考にどうぞ!

SAINT JAMES(セントジェームス)
¥7,000
(2020/06/05 00:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

Orcival(オーチバル・オーシバル)
¥10,450
(2020/06/04 22:32:33時点 Amazon調べ-詳細)

セントジェームスとオーシバルの徹底比較に関するまとめ

セントジェームスとオーシバルの徹底比較に関するまとめ

セントジェームスオーシバルについて比較しました。

僕は両方とも着たことがありますが、どっちもコスパは非常に高く、かなりおすすめです。

 

春夏の時期は1枚でサラッと。

秋冬はシャツの上に重ねて。上からコートを羽織ることもできます。

Hiroshi
Hiroshi
とにかく使える時期が長いので、1枚持っておいて損はありません。

 

洗濯機でガンガン洗っても生地がヘタらないので、かなり長持ちします。

その上、着ていくごとに自分になじんでくるので、愛着も湧きますよ。

 

本記事で紹介した、2つのブランドの違いや縮みなどがお買い物の参考になれば幸いです。

買ったその日から使えますので、ぜひお早めにチェックしてみてください!

 

SAINT JAMES(セントジェームス)
¥7,000
(2020/06/05 00:30:18時点 Amazon調べ-詳細)

Orcival(オーチバル・オーシバル)
¥10,450
(2020/06/04 22:32:33時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonプライム対象品は返品が無料なので、安心してお買い物できますよ。

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間23万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です