おすすめファッションアイテム

偽物って本当?セントジェームス ・ウエッソン とギルドの違い【バスクシャツ】

こんにちは。ヒロシです。

やや広めの首元・少し短い9部袖を特徴のバスクシャツ。

バスクシャツといえば、フランスの「セントジェームス」のウエッソンというモデルが有名ですよね。

しかし、Amazonや楽天でウエッソンを見ていると、Ouessant(ウエッソン)ではなくGUILD(ギルド)と名前がついていたりします。

 

ウエッソンを探している方がこれを見ると…

ギルドって何?ウエッソンと何が違うの?
ギルドってウエッソンの偽物なんじゃないの?

このような疑問や不安を抱くのではないでしょうか?

 

本記事では、上記のような悩み・疑問に答えるために「セントジェームスのウエッソンとギルドの違い」をテーマに取り上げます。

この記事を読めば、よりお得にセントジェームスのバスクシャツを手に入れることができるようになりますよ

偽物って本当?セントジェームス ・ウエッソン とギルドの違い【バスクシャツ】

偽物って本当?セントジェームス ・ウエッソン とギルドの違い【バスクシャツ】

結論を言ってしまうと、セントジェームスのウエッソンとギルドは輸入経路の違いでしかありません。

 

ウエッソンとギルドの違い

  • ウエッソン:日本でのみ流通しているモデル
    →日本の代理店による、正規輸入品
  • ギルド:本国のフランスやヨーロッパなど、海外で流通しているモデル
    →正規代理店以外の業者による並行輸入品 

上記のとおり。

輸入のルートが違うだけなので、物としては全く同じです。

 

僕はフランスに行った際に訪れたセントジェームス直営店でもギルドを見ましたし、ふらっと訪れた雑貨屋さんでもギルドを見たことがありますが、素材や特徴などはウエッソンと全く同じものでした。

そのため、ウエッソン=ギルドという認識でいて問題ありませんよ。

 

正規輸入のウエッソンはブランド料などが上乗せされるために価格はやや高めですが、ギルドはそれがない分、ウエッソンに比べてかなりお手頃。

ギルドならば7,000円〜9,000円くらいで買えます。

Hiroshi
Hiroshi
ウエッソンという名前は日本だけなので、世界的に見たらギルドの方が一般的な名前と言えますね。

セントジェームス・ウエッソンとギルドの違いに関するよくある質問

セントジェームス・ウエッソンとギルドの違いに関するよくある質問

「ウエッソンとギルドは輸入ルートが違うだけで物としては同じ」といっても、ネットを見ると2つの違いに関する疑問・指摘が見られるのも事実。

特に「タグ」と「サイズ感」に関する違いや疑問の声があるように感じますね。

ギルドはタグが違う?

ウエッソンとギルドは襟部分のタグが違うって聞いたことがあるよ

確かにタグは違いますね。

ギルドのタグには「l’atelier(アトリエ)」という文言が書かれているものあったり、ウエッソンとデザインが違ったりします。

私物のウエッソンのタグ

まぁこれは1つの差別化でしょうね。

タグは外からは見えませんし、モノ自体はウエッソンもギルドも全く同じなので、気にするポイントではないかと。

 

また、セントジェームスはギルド・ウエッソン問わず、生産時期によってタグのデザインがよく変わります。

現在流通しているウエッソンも、タグのデザインが異なるものが混じっているので、そんなにタグにこだわる必要はありませんね。

特にウエッソン(ギルド)は長年にわたって素材やシルエットなどが変わっていない超定番アイテムですし。

ギルドはサイズ感が違う?

「ギルドの方がウエッソンよりも大きめ」といった声もたまに聞きますが、それは多分「個体差」です。

セントジェームスのバスクシャツは、その素材の特徴や生産の都合から、サイズ感や縮みに個体差が出てしまうというのは有名な話。

特に縮みの個体差は大きいと聞きますよね(洗濯方法や乾燥の有無にもよりますが)。

セントジェームスとオーシバルのバスクシャツを徹底比較【縮み・シルエット・サイズ選び等】

なので、ギルドだから大きいということはなく、「購入したギルドがたまたま個体差の大きなバスクシャツだった」と考えるのが自然です。

 

ただ、セントジェームスのウエッソン(ギルド)は、着込んでいくごとに体になじみ、風合いが良くなっていくのが特徴のアイテム。

それだけに、個体差も受け入れて愛用していきたいと思いませんか?

多少大きい分にはバサッと着て、ゆるい着こなしを楽しめば良いだけですしね。




>

【セントジェームス】ウエッソンとギルドから考える、並行輸入品との向き合い方

正規輸入品のウエッソンと並行輸入品のギルド。

並行輸入品は海外ブランドのアイテムがお手頃に購入できる一方、相応のリスクがあることも覚悟すべき(セントジェームスは問題ありませんが)。

例えば、日本国内の正規代理店による修理やアフターケアが受けられないなど。

そこで、並行輸入品の購入を検討する際には、アイテムによって分けて考えるのがおすすめです。

壊れたら処分するものは並行輸入品がおすすめ

壊れた時に処分するものについては、並行輸入品でお手頃に手に入れるのがおすすめ。

なぜなら、正規品しか対応してくれないようなアフターケア・メンテナンスを必要としないからです。

例えるなら、ハイブランド以外のバッグや服などですね。

もちろん大事に長く使うのは前提ですが、壊れてしまった時に諦められるものについては、特に並行輸入品で全く問題ないかなと。

セントジェームスのバスクシャツも、もちろんこちらに該当します。

 

実際に僕もこのように考えて、メゾンキツネのトートバッグやBACHのリュックを並行輸入品で購入しましたよ。

キツネのトートは6,000円(定価1万円)、BACHのリュックにいたっては1万2,000円(定価は3万円弱)で購入できたので、めちゃくちゃお買い得でした。

修理前提で長く使うもの、ハイブランドのものは正規品がおすすめ

逆に、修理前提で長く使いたいものについては、正規品を買うのがおすすめ。

日本の検品は世界一厳しいですし、正規品ならばアウターフォローやメンテナンスも充実しています。

10年・20年のスパンで修理しながら使いたいアイテムについては、メーカーによるケアをしてもらった方が安心なのは言うまでもありません。

 

また、ハイブランドのアイテムも正規品を買うのが無難です。

なぜなら、ハイブランドの場合だと「並行輸入」と謳っているものに偽物が混じっていることがあるからです。

ハイブランドは資産価値もあるので、本物であることは必須。

結構なお金を払って偽物を掴まされたら、めちゃくちゃショックなのは間違いありません。

ハイブランドのアイテムを並行輸入で買うのは相応のリスクもありますので、少し高いお金を出して「安心」を買うのがおすすめです。

まとめ。セントジェームスのバスクシャツをお得に手に入れるならギルドがおすすめ

まとめ。セントジェームスのバスクシャツをお得に手に入れるならギルドがおすすめ

ギルドは並行輸入品ですが、名前が違うだけでウエッソンと同じなので、購入して全く問題ありません。

まぁルイヴィトンやグッチなどのラグジュアリーブランド以外に偽物はほとんど無いですし…

 

そのため、お手頃にセントジェームスの定番バスクシャツを手に入れたい人には「ギルド」がおすすめ

ウエッソンは「並行輸入品だとやっぱり不安」という方ですかね。

数千円で安心を買うという選択肢ももちろんアリです。

 

ちなみに僕は、エディフィスのセールでウエッソンが安くなっていたために正規品のウエッソンを買いましたが、次買うなら確実にギルドにしますね。

同じ物を買うんだったら、やっぱり少しでも値段が安い方が嬉しいですし。

 

ウエッソンにせよギルドにせよ、セントジェームスのバスクシャツは本当に名品です。

年齢問わず・季節問わずに着られますし、1枚あればいろいろな着こなしが楽しめること間違いなし。

セントジェームス ・ウエッソンのレビュー。サイズ感や縮み、失敗しない選び方は? 

さらに、とにかく丈夫で長く着られる素晴らしいアイテムなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

Amazonでお得に買い物をする方法

「Amazonで少しでもお得に買い物をしたい!」という方にはAmazonギフト券にチャージをしてから買い物をするのがおすすめ。

チャージをするたびに、チャージした金額×最大2.5%のAmazonポイントが貯まりますよ!

Amazonギフト券

買い物をした際にもAmazonポイントは貯まるので、いわば「ポイントの二重取り」ができちゃいます!

もしもあなたがプライム会員ならば、使わないともったいないですよ!

Amazonギフト券にチャージ

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間15万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です