ガジェット

【神コスパ】EarFun Air Proをレビュー。高機能ノイズキャンセリング搭載で1万円以下!

こんにちは。ヒロシです。

ワイヤレスイヤホンは、もはや生活必需品。

コードがないので、日常使い・運動のシーン等でもストレスフリーで使えます。

Hiroshi
Hiroshi
一度でもワイヤレスイヤホンを使ってしまうと、もはや有線のイヤホンには戻れませんね。。

中でも、ノイズキャンセリング機能がついていると、周囲の騒音が抑えれて本当に快適です。

 

ノイズキャンセル機能がついたおすすめイヤホンが、今回紹介する「EarFun Air Pro」です。

ノイズキャンセル機能付きにもかかわらず、7,999円と破格の値段

Hiroshi
Hiroshi
SONY・Apple・BOSEなど、ノイズキャンセリングがついたイヤホンは通常数万円します。

 

この度メーカー様より商品を提供いただいたので、EarFun Air Proを徹底レビューしていきます。

EarFun
¥7,999
(2021/01/25 23:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

当ブログの読者限定で、20%OFFクーポンを発行していただきました!

  • クーポンコード:AIRPRO10
  • 利用期間:2020年12月20日23時59分まで

ぜひ期間内にAmazonでお得に手に入れてください!

EarFun Air Proの概要・外観・付属品

EarFun Air Proの概要・外観・付属品
連続再生時間 イヤホン単体:最大9時間
ケース込み:最大32時間
充電時間 イヤホン:1.5時間
ケース:2時間
コーデック SBC・AAC
防水性能 IPX5等級
ノイズキャンセリング アクティブノイズキャンセリング対応

EarFunは、ガジェットで有名な中国・深セン発のメーカー。

国際的なコンテストで多くの賞を受賞するなど、ワイヤレスイヤホンにおいて高い実力を持っています。

EarFun Air Proの外観

こちらがEarFun Air Proの充電ケース。

マットな質感のブラックで、非常にすっきりしたミニマルな印象。

 

ケースを開けると、イヤホンが内臓されています。

 

イヤホン本体は、ややメタリックに仕上げられています。

若干角ばったフォルムなのも含め、シャープに見えて好印象ですね。

EarFun Air Proの付属品

本体のほか、イヤーピース・USBケーブル・説明書がついています。

アダプターはないので、スマホ用のもの等を用意する必要がありますね。

Hiroshi
Hiroshi
説明書は他言語対応で、日本語も特に変なところは一切ありませんでした

(中国製品は日本語が怪しいものが多いですが、EarFunは非常にちゃんとしています)

 

イヤーピースは、S・M・Lの3サイズ。

(本体には最初からMサイズがついています)

ご自身の耳の形にあわせて選べるので、心地よいフィット感でつけられますね。

EarFun
¥7,999
(2021/01/25 23:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

EarFun Air Proのペアリング・接続方法

arFun Air Proのペアリング・接続方法

EarFun Air Proの接続方法を紹介します。

といっても非常に簡単ですよ。

 

①:充電ケースのフタを開ける

充電ケースのフタを開けると、その時点で自動的にペアリングモードに入ります。

 

②:スマホ側の設定

スマホ等のBluetooth機器をONにすると、EarFun Air Proが表示されます。

「その他のデバイス」にある「EarFun Air Pro」をタップ。

すると、Bluetooth機器とイヤホンの接続が完了します。

これでペアリング完了です。

2回目以降はフタを開けると自動的に接続されるので、めちゃ便利ですよ。

Hiroshi
Hiroshi
ちなみに、イヤホンをケースに戻すと自動的に接続が解除されますよ

 

注意点:うまく接続・ペアリングできないとき

接続がうまくできない時は、設定ボタンを3秒長押しします。

少し見づらいですが、ケースを開けると中央に「設定ボタン」があります。

イヤホンをケースに戻して設定ボタンを3秒長押しすると、うまく接続できますよ。

Hiroshi
Hiroshi
僕は最初になぜかうまく接続できなかったのですが、これを行ったらつながりました。

※説明書には書いてありますが、見落としがちなので書いておきました

 

なお、2度目以降は上述のとおり、ケースのフタを開けた瞬間につながります。

EarFun
¥7,999
(2021/01/25 23:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

【EarFun Air Proのレビュー】操作性・ノイズキャンセリングが素晴らしいコスパイヤホン

【EarFun Air Proのレビュー】操作性・ノイズキャンセリングが素晴らしいコスパイヤホン

実際にEarFun Air Proをしばらく使ってみました。

総じて隙のない、非常にコスパに優れたイヤホンでしたね。

①:装着感

装着感は、かなり快適です。

EarFun Air Proは、人間工学に基づいたデザイン・設計。

しっかり耳にフィットしてくれるので、つけていて違和感などは一切ないですね。

 

サイズ感もちょうど良い感じ。

大きすぎることもなく、シャープな雰囲気があります。

イヤホン自体も軽いので、長時間つけていても疲れませんね。

Hiroshi
Hiroshi
フィット感も良好で、運動をしている時につけても全然ズレませんよ。

②:操作性

使いやすさに関しても、非常に配慮されています。

  • フタを開けた瞬間にスマホに接続する
    →逆にイヤホンをしまうと接続解除
  • 自動検出機能
    →イヤホンを外すと音楽停止。またつけると再開

この2点が素晴らしく、ストレスフリーで使えます。

Hiroshi
Hiroshi
接続や解除をしたり音楽を止めたり等の手間が一切ありません。

 

精度的にも非常に高いです。

僕はiPhoneを使っているのですが、マジで一瞬で接続&音楽停止するんですよね。

Hiroshi
Hiroshi
AirPodsの半額以下の値段で、AirPods並みのスピード感

 

また、イヤホンに加速度センサーが内蔵されているのも特徴的。

赤い丸の部分を軽くタップすることで、イヤホン側で様々な操作が可能です。

Hiroshi
Hiroshi
少し触れただけでは反応しない仕様なので、誤作動の防止もできますよ。

 

イヤホン側でできること

再生・停止 右を2回押し
曲送り 右を3回押し
電話を受ける/切る 右or左を2回押し
着信拒否 右or左を3回押し
音声アシスト起動/解除 左を2回押し
ノイズキャンセリング 左を3回押し

咄嗟に必要となる操作はイヤホン側でできます。

強いて言うなら「音量調整ができたら良かった」とは思いますが、十分及第点かと。

③:音質・接続(音飛びや遅延はあるか)

音質に関しては、全く文句のないレベルです。

低音から高音までバランスよく響き、非常にクリアに聞こえますよ。

前作のEarFun Airを含め、EarFunのイヤホンの音質は評判が良いです。
Amazonレビューでも高評価であり、安心して使えます

特に低音の響きがすばらしく、厚みのある綺麗なサウンドが楽しめますよ。

 

接続に関しても良好で、音飛びや遅延は全然ありません

  • 最新のBluetooth5.0を採用
  • AACコーデック
    →iPhoneやAndroid8.0以降に対応

普通にスマホ等で使う分には、全く問題ないはずです。

この記事は混雑したカフェで書いていますが、音飛びなどは一切起こりませんでした。

④:充電性能

バッテリーや充電の性能も言うことないレベル。

  • 再生時間:イヤホン単体で最大9時間/ケース込みで最大32時間
  • 充電時間:イヤホン1.5時間/ケース2時間
  • 急速充電対応
    →10分充電して90分使える

かなりの長時間使える上に充電も早いので、日常使いに最適です。

 

本体の充電はUSB-Cに対応。

背面からケーブルを挿して充電するタイプです。

Hiroshi
Hiroshi
USB-Cはいま主流のタイプ。
Apple製品にもよく使われており、ケーブルをまとめられますよ。

⑤:防水・マイク性能

防水に関しては「IPX-5」の仕様です。

IPX-5とは

「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」レベルの防水規格

運動時はもちろん、シャワー中に使ってもOKのレベルなので、日常使いには申し分ないですね。

Hiroshi
Hiroshi
EarFun Airは「IPX–7」だったためダウングレードですが、普通に使う分には問題ないです

関連:EarFun Airのレビュー。高い機能性とデザイン性が魅力のハイコスパイヤホン

 

また、EarFun Air Proは片方に2つのノイズキャンセル付きマイクが搭載。

音声通話もクリアに行えるので、電話やWeb会議の際にも重宝するはずです。

Hiroshi
Hiroshi
実際に僕も通話で使ってみましたが、全く違和感なく聞こえた&声が届きましたよ。

⑥:ノイズキャンセリング

EarFun Air Proは、ANC(アクティブノイズキャンセリング)機能を搭載。

ANCとは

イヤホンにある集音マイクで周囲の雑音を拾い、その騒音と逆位相の音を発することで、騒音を打ち消す機能

EarFun Air Proでは、最大38dBの騒音を消してくれるとのこと。

 

EarFun Air Proのノイズキャンセル機能ですが、つけた瞬間に違いが分かります

周りの騒音がサッとカットされたのが分かり、かなりの効果を体感できますよ

僕はノイズキャンセリング付きのイヤホンは初でしたが、心から「すごいな」と感じましたね。

Hiroshi
Hiroshi
特にエアコンのファンの音や車の音をカットするのに長けているとのこと

 

ちなみに、ノイズキャンセリング機能を使うには、左のイヤホンを3回タップします。

  • ノーマルモード
  • 外音取り込みモード(アンビエント)
  • アクティブノイズキャンセリング 

3回タップするごとに、この3つのモードが切り替わって行きますよ。

Hiroshi
Hiroshi
イヤホン側でアナウンスもしてくれるので、切り替わったことも分かりやすいです。

 

EarFun Air Proのノイズキャンセリングは、圧迫感もなく非常に使いやすいです。

1万円以下でこれだけの機能がついているのは、本当にコスパが素晴らしい…

EarFun
¥7,999
(2021/01/25 23:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

EarFun Air Proのデメリット・注意点

EarFun Air Proのデメリット・注意点

EarFun Air Proは、総じて素晴らしいワイヤレスイヤホンです。

ただ、強いてデメリットを挙げるなら「ワイヤレス充電に対応していない点」ですね。

Hiroshi
Hiroshi
EarFun Airは対応していたので、そこはダウングレード&残念に感じるかと。

 

ただ、個人的にはワイヤレスの充電器を持っていないので、正直全然気になりません。

USB-Cに対応している=他とケーブルをまとめられるので、不都合も特にないですね。

 

確かに、ワイヤレス充電器を普段から使っている方にはマイナス。

しかし、そうでない方は何も気にする必要はないでしょう。

EarFun
¥7,999
(2021/01/25 23:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

EarFun Air Pro レビューまとめ

EarFun Air Pro レビューまとめ

EarFun Air Proをレビューしました。

コスパで名高いEarFun社のプロモデルらしく、非常にクオリティが高かったです。

音質・接続・つけ心地・充電等のあらゆる面が高水準で、本当に隙がない印象。
欠点らしい欠点がない、素晴らしいイヤホンでした

 

中でも、1万円以下でノイズキャンセリング機能がついているのは魅力的。

周囲の騒音を自然にカットしてくれるので、かなり音楽を楽しめますよ。

Hiroshi
Hiroshi
数万円するイヤホン程の性能はありませんが、それでも確実に違いを実感できるはず。

日常使いをする分には、文句のつけどころがありません。

 

ちなみに価格は7,999円。

Proモデルらしく少し高めですが、それでもクオリティを考えたらコスパは抜群かと。

  • AppleやSONY等のように、イヤホンに数万円は出せない
  • でも使い勝手や機能性には妥協したくない
  • ノイズキャンセリングを体感してみたい 

こんな方には確実におすすめです。

Amazonで購入可能なので、ぜひチェックしてみてください!

EarFun
¥7,999
(2021/01/25 23:00:40時点 Amazon調べ-詳細)

当ブログの読者限定で、20%OFFクーポンを発行していただきました!

  • クーポンコード:AIRPRO10
  • 利用期間:2020年12月20日23時59分まで

ぜひ期間内にAmazonでお得に手に入れてください!

 

関連記事

【2020最新】EarFun Airのレビュー。高い機能性とデザイン性が魅力のハイコスパイヤホン!完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air」について徹底レビューしました。充電持ちや音質も良く、デザイン性も高い一方、手頃な価格が魅力的なイヤホンでした。本記事では、デメリット・気になった点も含めてレビューしているので、EarFun Airが気になる方は必見です。...

※特にノイズキャンセルが不要なら、EarFun Airがおすすめ。

音質・接続・電池持ちなどは申し分ないレベルで、価格も5,000円ほどと手頃ですよ。

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品