スニーカー・サンダル

【徹底比較】コンバース・日本製オールスターとCT70の違いとは【どっちを選ぶべき?】

こんにちは。ヒロシです。

通常版と違ったコンバース・オールスターが欲しい!
コンバース・オールスターの日本製とCT70はどっちが良い?
2つの違い・両方履いたことがある人の意見が知りたい。

 

「コンバース・オールスター」は、超がつく定番スニーカー。

いろいろな種類がある中で、日本製CT70は高級版的な立ち位置にあります。

(厳密には「CT70」は高級版ではありませんが)

 

しかし、ここで迷うのが「日本製とCT70はどっちが良いのか」です。

そこで今回は、日本製とCT70を7つの観点から徹底比較していきます!

 

本記事の内容

  • 日本製オールスターとCT70を徹底比較
  • 日本製とCT70は、それぞれどんな人におすすめ? 

この記事を書いている僕は、もちろん日本製・CT70ともに履いたことがあります。

Hiroshi
Hiroshi
僕自身の実体験をから正直に書いていきます!

 

本記事を読むことで、後悔や失敗なくオールスターを選べるはず。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

コンバース・日本製オールスターとCT70の概要

まとめ。日本製オールスターとCT70は、どちらも間違いのない名作スニーカー【コンバース】

前提として、日本製とCT70は、両方とも「コンバース・オールスター」の一種。

最も大きな違いは「企画・販売している会社」です

コンバースは、会社自体が「コンバースJAPAN」と「コンバースUSA」の2つに分かれています。

Hiroshi
Hiroshi
日本製を出しているのは「コンバースJAPAN」で、CT70はアメリカ企画のオールスターです。

まずは、日本製とCT70をそれぞれ軽く触れておきます。

日本製オールスターとは

コンバースオールスターの日本製

出典:https://item.rakuten.co.jp/bingoya-webstore/

日本製オールスターは、コンバースジャパンが手がける「オールスター」の高級版。

7,000円くらいの通常版オールスターとは異なり、福岡県・久留米にある「ムーンスター」の工場で作られています。

 

通常版オールスターと日本製の違い

  • ムーンスターの職人によるヴァルカナイズド製法
    →高い耐久性・優れた履き心地
  • アッパーは上質なコットンキャンバス素材
    →通常版よりも耐久性・馴染みの面で上
  • シューレースもコットン100%
    →通常版は化学繊維
  • ヒールパッチには「MADE IN JAPAN」の刻印

一見するとあまり変わりませんが、通常版とは何もかも違いますね。

Hiroshi
Hiroshi
僕も大学生のころに日本製オールスターを履いていました。
普通のオールスターとは一線を画しており、履けば違いが実感できます。

 

定価は約1万3,000円と、通常版オールスターの約2倍。

確かに少し高めですが、相応の価値のあるモデルになっています。

CT70とは

コンバースのCT70・チャックテイラー

前述のとおり、CT70とは「コンバースUSAが手がけているオールスター」です。

1970年代の「チャックテイラー」を復刻したモデルで、ヴィンテージ感あふれるデザインが目を引きます。

Hiroshi
Hiroshi
1970年代のオールスターのことを「チャックテイラー」と呼びます。

 

CT70の特徴

  • 日本への輸入が禁止←海外限定モデル
  • コットンキャンバス素材
  • サイドを当て布で補強
  • コットン100%のシューレース
  • ソールが分厚い
  • 70年代のチャックテイラーを象徴する「三つ星」のヒールパッチ

特に生成りがかったトゥやソール、サイドの当て布がアクセントですね。

ツヤ感もあり、ヴィンテージ感・こなれた雰囲気を味わえます。

 

なお、このCT70は通常日本では買えません

コンバースジャパンの運営元の伊藤忠商事が、コンバースUSAの輸入を禁止しているからです。

ただ、個人の古着屋やセレクトショップであれば、日本でも買うことができます。

(営利目的の輸入はNGなので法的にはグレーですが汗)

ちなみに、国内のショップでの価格は2万円弱です(海外の定価は9,000円ほど)。

Hiroshi
Hiroshi
とはいえ、CT70を日本でいながら1万円ちょっとで買う方法(もちろん本物)もあります。
その購入方法も記事の中で解説しています!

補足:CT70 OXとは【違いを解説】

海外通販サイトのSSENSEでは、CT70の商品名が以下になっています。

  • CONVERSE Chuck 70 OX スニーカー
  • CONVERSE Chuck 70 ロー スニーカー
  • CONVERSE Chuck 70 ハイ スニーカー 

そこで「OXって何?」との質問をよくいただきます。

 

結論、OXとは「Oxford=オックスフォード」の略です。

「Oxford=ローカット」の認識でOKです。
短靴を「オックスフォードシューズ」と言いますよね。

つまり「ロー」と「OX」がローカットであり、上の「ハイ」がハイカットです。

 

また「ロー」と「OX」は同じローカットで、発売時期が違うに過ぎません

僕がSSENSEでCT70を購入した2020年時点では「ロー」表記でしたが、2021年に入荷したモデルから「OX」表記になりました。

見たところ差はない上、特にコンバースから仕様変更のアナウンスはありません。

「OX=ローカット」の認識で問題ないかと。

(SSENSE以外のサイトでは、2020年以前からOX表記でしたし)

コンバース・日本製オールスターとCT70を7つの観点から徹底比較。違いはココ

コンバース・日本製オールスターとCT70を7つの観点から徹底比較。違いはココ

日本製CT70では具体的に何が違うのかを見ていきましょう。

比較ポイントは以下の7つです。

  1. トゥ(つま先)
  2. ヒールパッチ
  3. アッパーの素材
  4. シューレース(靴紐)
  5. 履き心地
  6. サイズ感
  7. 価格

「それぞれのポイントでどちらが優れているか」もお話ししていきます。

Hiroshi
Hiroshi
僕の主観にはなりますが、両方とも履いてみての感想からお伝えするので、1つの参考にどうぞ。

①トゥ(つま先):どちらもシャープでカッコいい

トゥ(つま先)は、どちらも日本で売っている通常版に比べて、シュッと小さい形。

両方とも非常にシャープで洗練された雰囲気がありますね。

 

日本製オールスター

出典:https://item.rakuten.co.jp/schott/

CT70

トゥの形に関しては、甲乙付け難いかなと感じます。

7,000円ほどの通常版は少し野暮ったさがありますが、日本製・CT70ともにその心配は無用です。

 

違いを挙げるとすれば、「色味」ですね。

日本製は結構パリッとしたホワイト。

一方でのCT70は生成色のような色味で、かつツヤも強めです。

CT70のトゥ

「ヴィンテージっぽい雰囲気が強い方が好きか」が好みの分かれ目でしょう。

単純に好みの問題なので、どちらが良いとかは断言できません。

よって、トゥに関しては引き分けです。

ヒールパッチ:CT70が優れている

ヒールパッチはCT70の方がカッコいいです。

CT70のヒールパッチは、70年代と同じ「三つ星」の仕様。

これがやっぱりカッコいいですよね。。

Hiroshi
Hiroshi
普通のオールスターとは明らかに違うので、他から見たときにも差別化できます。

 

一方で日本製オールスターは、通常のロゴの下に「MADE IN JAPAN」が入っています。

出典:https://www.beams.co.jp/item/beams/shoes/

特別感があって普通に良い感じなのですが、やはり三つ星には負けるかなと。

Hiroshi
Hiroshi
履き込んでソールが削れてくると、「MADE IN JAPAN」の刻印が消失するので、見た目の差別化ポイントがなくなります。。

 

「三つ星」と「MADE IN JAPAN」のどちらが良いかは、個人の主観による部分です。

しかし、特別感ではCT70の方が上=ヒールパッチはCT70に軍配が上がります。

アッパーの素材:日本製の方が上

アッパーはどちらもコットンキャンバス生地。

しかし、アッパーに使われているコットン素材の質は日本製の方が上ですね。

日本製の方が素材のキメが細かい上にツヤがあり、見た目に高級感があります。

 

日本製オールスター

出典:https://www.magaseek.com/product/detail/id_502965039

CT70

写真ではあまり違いが分かりませんが、やはり「少し差があるな」と実感します。

Hiroshi
Hiroshi
CT70を初めて見た時も「アッパーの質感は前に履いていた日本製の方が良いな」とすぐに感じましたね。

しかし、これは当たり前といえば当たり前です。

CT70は海外の通常モデルなのに対して、日本製モデルは高級版ですからね。

 

ただ、CT70のコットン素材も厚みがあり、決して悪くはありません。

サイドも当て布で補強されており、耐久性の面でもしっかり作られています。

日本で売っている普通のオールスターよりは明らかに良質。

しかし、日本製に比べると少し劣るかなという感じです。

シューレース:やや日本製が上

通常のオールスターは、シューレースが化学繊維なので少し安っぽく見えます。

一方、日本製CT70もシューレースはコットン100%。

Hiroshi
Hiroshi
ナチュラルな見た目ですし、使い込むとかなり馴染んでくれますよ。

 

ただ、同じコットン製でもシューレースの質は日本製が上かなと。

日本製の方がギュッと目が詰まっていて、自然なツヤがあるんですよね。

 

日本製オールスター

出典:https://zabou.org/2018/09/14/178222/

CT70

写真では少し分かりづらいですが、日本製の方がシックな雰囲気があります。

Hiroshi
Hiroshi
シューレースもアッパー素材と同様、CT70を初めて見たときに「日本製の方が上かな」と感じたポイントですね。

 

ただ、シューレースも定価の差を考えれば致し方ない部分です。

CT70もコットン100なのでもちろん悪くありません。
逆にアメリカらしいラフさが好みの方もいると思います。

総じて使っている素材・パーツは、高級版である日本製に軍配が上がる印象です。

履き心地:CT70が上

履き心地はCT70の方が上ですね。これは断言できます。

ちなみに、アウトソールはどちらも大差なし。

「Addict」等を除き、オールスターのアウトソールは基本的にこんな感じです。

 

違いとしては「インソール」です。

CT70のインソールは、ご覧のようにかなり分厚い作り。

クッション性が普通のオールスターとは段違いで、長時間履いていても疲れにくいです。

 

さらに、ミッドソールも効いています。

CT70のミドルソール

ご覧のように、ジェルような素材が使われています。

青いプニプニのミッドソールが、しっかりと衝撃を吸収してくれるんです。

インソールとミッドソールが素晴らしいので、CT70は全然足が痛くなりません。

 

一方、日本製のインソール・ミッドソールにはここまでの工夫はありません。

ヴァルカナイズド製法&しなやかで柔らかいコットン素材のおかげで、足なじみは確かに良いです。

しかし、長時間履いていると結構足にきますね。。

Hiroshi
Hiroshi
実際に僕が日本製を履いていた時、長い距離を歩くと足に疲れがかなり溜まった記憶があります。

 

一日中歩き回ること等を考えると、履き心地は非常に大事な要素。

僕の経験上、履き心地の観点ではCT70に軍配が上がります。

サイズ感:同じくらい

サイズ感はいろいろと言われていると思います。

しかし、基本は「同じくらい」と考えればOKかと。

Hiroshi
Hiroshi
僕の場合はCT70と日本製で選んだサイズが違うのですが、日本製の失敗をふまえてCT70を選んだら良い感じだったので。

(それは以下です)

  • 日本製はジャストの27cm(US8.5)を選ぶ
    →1日履いていると足がむくみ、小指が噛まれる
  • CT70は少し大きめの27.5cm(US9)を選ぶ
    →足幅に程よく余裕があるため、長時間履いても痛くならない

つまり、日本製での失敗を踏まえてCT70を選ぶ→良い感じでした。

 

日本製もCT70も、オールスターは比較的細めの作りです。

ジャストで履けるマイサイズから「0.5cm〜1cmくらい大きめ」を選ぶと良いかと。

Hiroshi
Hiroshi
程よい余裕があるのでむくんでも大丈夫ですし、紐を絞ることで細身のシルエットを強調できてカッコいいですよ。

 

またオールスターはデカ履きできるので、サイズ感を気にしすぎなくて大丈夫。

迷ったら大きめがおすすめです。

(それぞれのサイズ感について詳しくまとめています)

価格:同じくらい

価格は「同じくらい」です。

どちらも1万円台前半で手に入ります。

 

さっき日本製は1万3,000円位、CT70は2万円近くって言ってなかった?

確かに日本製は定価で1万3,000円ほど・CT70は日本で買うと2万円くらいします。

しかし、以下の方法だと同じくらいです。

  • 日本製:楽天Amazonだと1万1,000円ちょっと
  • CT70:海外通販サイトのSSENSEだと1万1,000円ちょっと

関連記事:まさかの偽物?SSENSEの通販でCT70を最安値で買ってみた結果…

 

Amazonだと返品無料のものがあったり、SSENSEも日本からの返品が無料です。

サイズ選びに迷った場合には2サイズ買えば、通販でも問題なく買えますよ。

コンバース・オールスターは、日本製とCT70のどっちがおすすめか?

コンバース・オールスターは、日本製とCT70のどっちがおすすめか?

これは完全に好み・趣味嗜好の問題ですね。。。

Hiroshi
Hiroshi
どちらも良いスニーカーですし、値段的にも同じくらいなので。
甲乙つけがたい。

とはいえ、どっちが良いか決めかねている方もいるはず。

以下にて、日本製とCT70はそれぞれどんな人におすすめか書いておきます。

①:日本製オールスターがおすすめな人

  1. 上品かつ綺麗に、オールスターを履きたい人
  2. 日本で気軽に買えた方が良いと思う人
  3. クオリティ重視の人

基本的に「上品さ・高級感」を求めるなら日本製がおすすめ

 

素材や作りは文句なく良いですし、通常版よりも明らかに高級感があります。

コンバースオールスターの日本製

出典:https://item.rakuten.co.jp/bingoya-webstore/

(CT70は作り自体は若干ラフなところも否めません)

Hiroshi
Hiroshi
キレイめなコーディネートが好きな方にとっては、日本製の方がハマりますね。

 

また、通販や店舗で気軽に買えるのも日本製のメリット。

入手性では、客観的に日本製の方が優っています。

②:CT70がおすすめな人

  1. ナチュラル系のコーデ・古着が好きな人
  2. 三つ星にこだわりがある人
  3. 履き心地重視の人

ヴィンテージモデルのCT70は、ナチュラル系・古着を使ったコーデとの相性が抜群。

コンバースのCT70・チャックテイラー

着こなしにこなれた雰囲気・味を出してくれますよ。

 

②と③は言わずもがなですね。

三つ星も履き心地もCT70の良さなので、こだわりがある方はCT70一択です。

Hiroshi
Hiroshi
特に履き心地は本当にふかふかです。
履いてみないと分からない部分なので、ぜひ体感してほしい…

【まとめ】日本製オールスターとCT70は、どちらも間違いのない名作スニーカー【コンバース】

まとめ。日本製オールスターとCT70は、どちらも間違いのない名作スニーカー【コンバース】

日本製オールスターとCT70を、7つの観点から比較をしました。

いろいろ書きましたが、どちらも選んで間違いのない名作です。

 

日本製もCT70も、普通とは違う特別感があります。

また、見た目も履き心地も通常版より確実に上です。

細かな仕様は異なり、まさに「似て非なる」スニーカーです。
ただ、どちらを選んでも後悔することはないかと。

ご自身の好きなコーディネート・趣味にあわせて選んでいくのがおすすめです。

 

ちなみに僕は、以前は上品さ魅力の日本製を履いていましたが、今はCT70派です。

CT70のヴィンテージ感・履き心地が本当に気に入っています。

Hiroshi
Hiroshi
一度でも履けば、見た目・履き心地・特別感の全てにおいて普通のコンバースに戻れなくなります…

 

どっちも良いスニーカーなので、両方買ってみても良いかもしれません。

2足あっても確実に使えますからね。

なお、日本製CT70も人気なので、お早めにチェックすることをおすすめします。

 

関連記事

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品