おすすめブランド

【コスパ最強】日本製のおすすめニット専業ブランド5選

こんにちは。ヒロシです。

気温が下がると手放せなくなる、冬の代名詞的なアイテムといえば…

そう、ニットですね。

ニット・セーター選びの難しさ

ニットは、どのブランドでも出しているアイテム。

しかし、実は選ぶのが非常に難しいんです

 

理由は、価格によって質に大きな差が生まれやすいアイテムだから。

  • 使う素材(ウール・カシミア・ヤク・アクリル等)
  • 素材の産地・製造国
  • 糸の種類や太さ
  • 編み方

上記のように、ニットの価格を決める要因は色々あります。

そして基本的には、価格とデザイン・品質は相関します

Hiroshi
Hiroshi
高いニットほど、良い素材を使って手間のかかる編み方をしています。そのため1枚でキマるほどカッコよく、さらに質が良くて暖かい&長持ちします。

(価格も3〜4万円以上はしてきますが…)

 

一方で安いニットは、素材や編み方でコストカットをする必要が生じます。

必然的に、質的には劣ってしまいます。
毛玉もできやすく、見た目に安っぽさが出てしまうことも。

どんなアイテムであれ、値段と質はある程度相関します。

しかし他のアイテム以上に、ニットは値段の差が出やすいアイテムなんです。

Hiroshi
Hiroshi
暖かさ・毛玉・目の詰まり具合・チクチク感など、高いニットと安いニットではかなり違いが生まれます。

日本のニット専業ブランド(ドメブラ)を狙うべし

「手頃な価格で良いニットは買えないのか…」と感じた人も多いはず。

しかしご安心ください。

世の中には、価格を抑えて質の高いニットを作るブランドもあります。

それが、ニットを専門に作っている「ニット専業ブランド」です。

Hiroshi
Hiroshi
要するに、ニットが得意なドメブラ(ドメスティックブランド=国産ブランド)のことですね。

 

ニット専業ブランドは、概ね以下の2種類に分類されます。

  • ファクトリーブランド
    →有名ブランドのニットを作っていた工場が手がけるブランド
  • ニットが得意なドメブラ
    →工場や職人と特殊なコネクションを持つデザイナーによるブランド

いずれも生産にかかるコストを大幅に削減可能。

そのため、メゾンブランドと同等の高品質なニットが手頃に手に入るんです。

Hiroshi
Hiroshi
「手頃な値段で質の高いニットを手に入れたい」人は、ニット専業ブランド一択です!

【メンズ・レディースあり】国産ニット専業ブランド5選

国産のニット専業ブランドを5つ紹介していきます。

いずれのブランドも、以下の条件を満たしています。

  • 日本国内生産
  • 男女ともに着られる
  • 価格が1~2万円台

ぜひ色々見比べてみてください。

(いずれもメンズ・レディースで着られます)

crepuscule(クレプスキュール)

f:id:footmuji:20181201183645j:plain

出典:https://shop.ciacura.jp/

クレプスキュールは、男女2人のデザイナーによるニット専業ブランド。

数々のブランドのニットを手掛けてきた、まさに「ニットのプロ」です。

写真の「Moss stitch」は、ブランドの定番です。

Hiroshi
Hiroshi
ゆったりしたシルエットが特徴のコットンニット。厚みがしっかりあるため、通年着用できます。

コットンニットなので洗濯機で洗えるのも魅力ですね。

 

他にもウールニットやカーディガンなど、ラインナップが豊富。

いずれもゆったりしているので、今っぽく着られますよ。

¥18,700
(2022/12/02 11:07:03時点 楽天市場調べ-詳細)

¥19,800
(2022/12/02 11:07:03時点 楽天市場調べ-詳細)

comm.arch.(コムアーチ)

「コムアーチ」は、Joe Mac氏が手がけるニットブランド。

最高級の素材を使用し、熟練の工場や職人と連携してニットを作っています。

Hiroshi
Hiroshi
Joe Mac氏の持つ特殊なコネクションにより、高品質なニットが手頃な価格で手に入ります。

 

コムアーチのニットは、僕も愛用しています。

ご覧のとおり、見た目的に非常にベーシック。

それゆえに間違いなく長く着られます。

肌触りも気持ち良く、さらに軽くてふっくらと温かいですよ。

【本当は教えたくない】コムアーチの極上ニットをレビュー

 

「スタンダードで上質なニットが欲しい」

このような方には、すごくおすすめなブランドです。

BATONER(バトナー)

バトナーは、山形県の「奥山メリヤス」が手がけるファクトリーブランド。

奥山メリヤスは、グッチやマルジェラ等のニットを作っていた工場です。

メゾンブランド級の品質を誇るニットも、バトナーなら2万円台で買えます。

 

バトナーといえば、やはり畦(あぜ)編みニット。

しっかりと表情がある上、毛玉も本当にできにくいです。

また重厚感があるのでめちゃくちゃ暖かいですね…

Hiroshi
Hiroshi
持ってみると重いのですが、着てしまえば不思議と重さは気になりません。

【サイズ感】バトナーの名作・シグネチャーニットをレビュー

 

保温性が非常に高いため、真冬はすごく重宝しますよ。

畔編みのニットが好きな方には特におすすめです。

¥26,400
(2022/12/02 11:07:04時点 楽天市場調べ-詳細)

MOONCASTLE(ムーンキャッスル)

出典:https://moon-castle.jp/pages/woolknit-lp

ムーンキャッスルは、大阪の老舗ニット工場が手がけるブランド。

(創業者が月城さん=ムーンキャッスルです)

 

ムーンキャッスルは、上品な印象のニットが特徴的。

出典:https://shop.zabou.org

ハイゲージで編まれているので、スーツやジャケットとも相性◎

もちろんカジュアルでも着られます。

そして価格は1万円以下と、非常に手頃です。

Hiroshi
Hiroshi
イメージ的には、イギリスの名ブランド「ジョンスメドレー」に近い雰囲気ですね。

 

家庭用の洗濯機でガンガン洗えるのも魅力。

薄手の高品質ニットを探している方には、非常におすすめです。

soglia(ソリア)

出典:https://item.rakuten.co.jp/crouka/soglia-landnoah/

「ソリア」は、ヨーロッパの上質なウールを使ったニットブランド。

日本製で丁寧に作られているにもかかわらず、15,000円ほどで買えます。

 

シルエットは、大きすぎずベーシックな印象。

出典:https://cotyle.com/?pid=95260507

年齢問わず、また流行に関係なく着られますね。

 

エルボーパッチがついたニットもあり、遊び心も兼ね備えています。

(エルボーパッチなしのニットやベストもありますよ)

【日本製】ドメブラの良いニットを、長く着よう。

国産ニット専業ブランドを5つ挙げました。

いずれも1〜2万円台で買える、非常にコスパの良いブランドです。

質が高い上に、1枚でもインナーでも着られます。

秋から冬にかけて間違いなく活躍するでしょう。

Hiroshi
Hiroshi
日本製で質も高いので、大事に着れば何年もに渡って長く愛用できるはず。

 

長く愛用できるコスパの高いニットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

 

追伸:おすすめのケアアイテム

ニットは基本的にクリーニングが必須。

しかしランドレス・ウールカシミアシャンプーがあれば、自宅で簡単に手洗いできます。

【使い方解説】ランドレス・ウールカシミアシャンプーのレビュー

 

クリーニング代が浮くので、めちゃくちゃお得ですよ。

ニットとあわせて、ぜひチェックしてみてください!

THE LAUNDRESS ウールカシミアシャンプー
ザ・ランドレス(THE LAUNDRESS)

ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品