ユニクロ・GU

【辛口】ユニクロU・エアリズムコットンオーバーサイズTシャツを徹底レビュー

こんにちは。ヒロシです。

ユニクロの上位ライン的存在である「ユニクロU」。

中でも夏に人気なのが「エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ」です。

エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ

出典:https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/425974/

サイズやカラーの展開が豊富なこちら。

多くのYouTuberやブロガーの方が絶賛するなど、評判がめちゃ良いアイテムです。

 

ただ、本当に良いTシャツなのか・注意点はないのか気になりませんか?

  • 客観的にコスパは良いのか
  • サイズ選びのコツは?
  • 注意点やデメリットは?
  • 他の手頃なTシャツと比較してどうなの?
  • 同じくらいの値段は他におすすめはある? 

購入を検討している方は、いろいろな疑問点が出てくるはず。

(買って後悔や失敗は避けたいですからね…)

 

僕も元々気になっていたので、実際にエアリズムオーバーサイズTシャツを購入。

実際にしばらく着てみた感想をふまえて、正直にレビューしていきます。

Hiroshi
Hiroshi
「エアリズムTシャツめちゃくちゃイイ〜」ってだけでは記事を書く意味がありません。
デメリット・サイズ感などを丁寧に書きます。

 

結論を先に言ってしまうと「過大評価されすぎでは?」と感じました。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

ユニクロU・エアリズムコットンオーバーサイズTシャツの概要

ユニクロU・エアリズムコットンオーバーサイズTシャツについて

エアリズムコットンオーバーサイズTシャツは、2020年春夏に出たアイテム。

非常に人気が高く、ユニクロUの定番としてリリースされています。

 

最大の特徴は、表地にコットン素材・裏地にはユニクロのエアリズムも採用している点。

エアリズムは、ユニクロと東レが共同開発した機能性素材のことです。

出典:https://www.uniqlo.com/jp/ja/contents/feature/airism/

速乾性・通気性・吸湿性などに優れており、ジメジメした夏でも涼しく過ごせます。

 

この機能性素材を使って、オーバーサイズに仕上げられたこちらの1枚。

快適さとデザインを両立したTシャツとして、かなり人気ですよね。

【レビュー】ユニクロU・エアリズムコットンオーバーサイズTシャツの魅力・メリット

それではレビューしていきます。

僕が実際に着て感じる、エアリズムオーバーサイズTシャツの魅力は以下の5つ。

  • 機能性:涼しく快適に着られる
  • シルエットが抜群に良い
  • ツヤによる高級感・クリーンさ
  • 作りが良い
  • コストパフォーマンス 

総じて、ユニクロの力を実感する1着でしたね。

魅力①:機能性←涼しく快適

上でも少し触れましたが、機能性の高さは見逃せないポイント。

裏地がエアリズムなので、暑い日でもムレにくく、サラッと快適に着られます。

 

また、表地はコットン素材。

通常の化学繊維のTシャツのような「安っぽさ」は抑えられています。

(写真だと見づらいですが、表と裏で異なる生地が使われています)

「見た目の機能性の両立」は、やはり大きな魅力ですね。

 

肌触りも良いので、暑い夏でも快適に着られること間違いなし。

あれば確実に重宝すると思いますよ。

魅力②:シルエットが抜群に良い

断言しますが、シルエットはめちゃ良いです。

177cm60kgでLサイズ着用

肩の落ちる、今っぽいゆるさのあるオーバーサイズシルエット。

身幅は大きめですが、着丈は割とすっきり目。

首元も程よく詰まっているので、非常に着やすいです。

Hiroshi
Hiroshi
肩の落ち加減、身幅と着丈のバランスなど、シルエットは本当に綺麗だと思います!
だらしないオーバーサイズではないので、大人の方でも着こなしやすいかと!

 

袖は肘まである5分袖。

ユニクロUのエアリズムコットンオーバーサイズTシャツのシルエット

しっかりと長さがあるので、腕をうまくカバーしてくれます。

 

エアリズムが使われているおかげか、生地の落ち感も文句なし。

シルエットに関しては、特に言うことがないレベルで素晴らしいです!

魅力③:ツヤによる高級感・クリーンさ

ツヤによる高級感があるのも魅力の1つ。

生地が揺れた時にツヤが出るので、かなり上品かつクリーンな印象があります。

(ツヤを伝えるために生地を揺らしてみました)

Hiroshi
Hiroshi
裏地に化学繊維のエアリズムを使っている分、きれいなドレープ感が出るんだと思います。

魅力④:作りが良い

品質に定評のあるユニクロのアイテムだけあって、やはり作りは非常に良いですね。

縫製も非常に綺麗。

ユニクロUのエアリズムコットンオーバーサイズTシャツの縫製

安い価格帯のTシャツは、糸のピッチが揃っていなかったり、ほつれていたりします。

一方でエアリズムTシャツは、同価格帯のTシャツに比べると作りは非常に良いです。

魅力⑤:コストパフォーマンス

総じて、コスパは間違いなく高いです。

  • 夏でも快適に着られる機能性
  • 抜群に良いオーバーサイズのシルエット
  • ツヤによる高級感・クリーンさ
  • 作りの良さ

これだけ揃って1枚1,500円ですからね。

コスパを「価格に対する品質やデザイン」で考えると、非常に高い水準と言えます。

Hiroshi
Hiroshi
同じくらいの値段で、ここまでの完成度を誇るTシャツは他にありません。

【残念】ユニクロU・エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖)のデメリット

【残念な点】ユニクロU・エアリズムオーバーサイズTシャツ(5分袖)のデメリット

ここまで書いたとおり、総合的に完成度の高い1枚であるとは思います。

しかし実際に着てみて、少なからずデメリットも感じました

デメリット①:白は若干透ける

エアリズムコットンオーバーサイズTシャツの透ける画像

それなりに生地に厚みはありますが、白だと若干透けます。

(透けないと書いている記事も見かけますが、僕的には透け感が気になりました)

 

他の色であれば問題ないと思いますが、定番色の白が気になっている方は要注意です。

素肌に1枚で着られるかギリギリなラインですが、タンクトップを1枚挟んだ方が無難かなと。

(エアリズムは本来素肌に着るものですが…)

デメリット②:生地感は正直微妙

僕が最も気になったのが「生地感」です。

確かに表地はコットン素材を使っており、生地には光沢や高級感もあります。

しかしそれでも、多少の化学繊維っぽさ・スポーツウェア感があるのは否めません…

普通のコットン素材のTシャツの方が、生地の見た目は確実に良いかなと。

 

生地のツヤ感に関しても、若干の人工っぽさを感じるんですよね。

(写真ではなかなか伝わりませんが…)

人工っぽさは、僕が選んだのが「白」だったのもあると思います。

白の色味が少しパキッとしすぎていて、自然な感じではないので。

 

正直、ファッション系YouTuberの方の表現は「誇張しすぎでは?」と感じます。

これが1,500円はあり得ない!
15,000円でも全色買いますよ!

とある方は動画でこう言っていましたが、それは言い過ぎですよ。

(1,500円のTシャツとしては、シルエットも機能も出来過ぎなほど良いですが)

Hiroshi
Hiroshi
1万円を超えるTシャツとは、まず「雰囲気」が全然違います。
高級コットンを使った高いTシャツの方が、生地の質感・ツヤの出方などがより綺麗です。

 

もちろん、エアリズムTシャツがコスパに優れていることには変わりません。

ただ、あくまで「同価格帯の中では」の話です。

少なくても「1万円以上のTシャツと同等」とまでは言えません

(当たり前といえば当たり前ですが)

関連:高いTシャツは長持ちする?安いTシャツとの違いとは

③:首元がヨレる

公式サイトのレビューでも散見されましたが、首元はヨレやすいですね。

僕は数回洗っただけで、結構ヨレました…

  • ネットに入れて脱水時間短めで洗濯
  • スチームアイロンをかける 

首元ヨレを防ぐには上記の対策が必要になるので、要注意です。

(1シーズンと割り切って着る・家用で着るのもアリですが)




【サイズ感】ユニクロU・エアリズムオーバーサイズTシャツのサイズ選び

ユニクロU・エアリズムオーバーサイズTシャツ(5分袖)のサイズ感について

「オーバーサイズ」とある通り、サイズ感は大きめです。

とはいえ、全体のバランスはかなり良いですね。

  • 身幅:大きめ
  • 袖丈:長め
  • 着丈:すっきりめ
  • 肩:大きめ(程よく落ちる)

着丈がすっきりで肩の落ちる、非常に今っぽいシルエット・サイズ感です。

 

上でも少し触れましたが、177cm60kgの僕はLサイズをチョイス。

全体的に程よいゆるさがありつつも、着丈はやや短め。

だらしなくならない程度の、ちょうど良いオーバーサイズだと思います。

横から見るとこんな感じ。

肘が隠れる程度に袖も長いので、腕の細さをうまくカバーしてくれます。

 

サイズ選びのコツ

サイズ選びに関しては、基本的には普段のサイズを選べば問題ないかと。

他のサイズも試着しましたが、以下の着用感でした。

  • Mサイズ:もう少し着丈が合った方が好み
  • Lサイズ:ゆるさ・着丈ともに良いバランス
  • XLサイズ:少し大きすぎる感。着丈が特に長く感じた

いつものサイズを選ぶことで、ユニクロUが提案するバランスで着られると思いますよ。

Hiroshi
Hiroshi
ちなみに僕は、普段からLサイズを着ることが多いです。
今回もLサイズで良い感じでした。




エアリズムコットンオーバーサイズTシャツに関するよくある質問

エアリズムコットンTシャツに関して、よくある質問・疑問は以下の2点。

  • 洗濯すると縮む?
  • 他に安くて良いTシャツはある? 

それぞれ実体験から回答していきます。

①:洗濯すると縮む?

個人的には、縮みは気になりませんでした。

(洗濯前後で採寸はしていないのですが)

177cm60kg・Lサイズ着用

こちらは何度も洗濯をした状態のエアリズムコットンTシャツ。

感覚にはなりますが、購入時と同様のゆるい雰囲気で着られる印象です。

乾燥機にかけると縮みは出るかもですが、あまり心配しなくて良いかなと。

②:他に安くて良いTシャツはある?

エアリズムTシャツのデメリットは、透け感・生地感・首元のヨレ。

上記を解消するおすすめTシャツは、以下の3つです。

ビーフィーは1,500円以下、キャンバーも4〜6,000円で買えます。

丈夫さ・ナチュラルな見た目を重視する方は、ユニクロよりも圧倒的におすすめです。

 

ヘインズ・ビーフィー

ビーフィーは、ヘインズの名作パックTシャツ。

なめらかな生地感とタフさを両立しながらも、1枚1,500円以下で買えます。

ヘインズ・ビーフィーTシャツを透けるか検証

1枚で着ても透けない上、ボックス型のシルエットも今っぽい。

サイズを上げると、リラックス感のある雰囲気で着られます。

【辛口】ヘインズ・ビーフィーTシャツをレビュー

Hanes(ヘインズ)
¥2,169
(2021/07/27 08:24:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

キャンバー・マックスウェイト

キャンバーのマックスウェイトTシャツの素材感

キャンバーは、アメリカ製にこだわった老舗ブランド。

非常にタフな生地感・作りなので、本当に長く着られます。

(ガンガン洗ってもマジでヨレません)

 

シルエットも今っぽいゆとりのある形。

キャンバーのTシャツのシルエット

でも首元はしっかり詰まっているので、だらしない印象はありません。

クラシックな形ですが、逆に大人も着られるオーバーサイズに仕上がっています。

【買って損なし】キャンバーのマックスウェイトTシャツをレビュー 

 

キャンバー・ファイネスト

ただ、マックスウェイトは8オンスと非常に肉厚。

生地の厚さに抵抗がある方には、キャンバーの「ファイネスト」がおすすめ。

ファイネストはタフな作りはそのままに、生地をやや薄くなめらかにしています。

肌触りも良く、上品さとタフさを両立した名作です。

僕もロンTを持っていて、めちゃくちゃ着ていますね。

【隠れた名作】キャンバー ・ファイネストのロンTをレビュー

 

キャンバーの2枚に関しては、エアリズムTシャツよりも値段は高め。

しかし他のブランドと比べると、コスパは非常に良いです。

(国産ブランドのTシャツは、1万円以上が普通なので)

ナチュラルな雰囲気・長く着られる品質重視の方は、ぜひチェックしてみてください。

キャンバー CAMBER マックスウェイト TEE MADE IN USA
CAMBER(キャンバー)

ユニクロU・エアリズムオーバーサイズTシャツ(5分袖)を使ったコーデ

ユニクロU・エアリズムオーバーサイズTシャツ(5分袖)を使ったコーデ

デニムとサンダルを合わせたシンプルなコーデ。

エアリズムTはシルエットのバランスが非常に良いので、かなり使いやすいです。

Hiroshi
Hiroshi
太めのパンツを合わせて、上下でゆるさを出すとかなり良いかと思います!

【まとめ】ユニクロU・エアリズムコットンオーバーサイズTシャツは「1,500円と考えれば」最高

【まとめ】ユニクロU・エアリズムオーバーサイズTシャツは「1,500円と考えれば」最高

ユニクロU・エアリズムコットンオーバーサイズTシャツをレビューしました。

総じて、値段を考えれば驚異的なコスパを誇っていると思います。

機能的で、かつ生地のツヤ感も十分。

またシルエットも非常に綺麗で、非常に着やすいバランスだと言えます。

Hiroshi
Hiroshi
1,500円のTシャツとしては、他を圧倒するほどの完成度だと思います!

 

しかし、1万円レベルのTシャツと比べるものではないことには要注意。

生地のツヤ感や印象、そして全体の雰囲気も、1万円のTシャツと比べれば当然劣ります。

ファッション系YouTuberの方の表現を鵜呑みにするのは、正直おすすめしません。

(コスパが高いのは「1,500円と考えれば」の話です)

 

また、自然な風合いを求める方には向いていません

どうしても多少の化繊感・スポーツウェアっぽさは否めませんので。

ナチュラルな雰囲気を求める方は、ヘインズやキャンバーの方が確実におすすめです。

Hiroshi
Hiroshi
ヘインズにしてもキャンバーにしても、1枚で全く透けませんし、着用と洗濯を繰り返すごとに生地がどんどん馴染んでいきます。

 

ご自身の好みにあわせつつ、エアリズムTシャツも含めて色々と検討してみてください!

キャンバー CAMBER マックスウェイト TEE MADE IN USA
CAMBER(キャンバー)

Hanes(ヘインズ)
¥2,169
(2021/07/27 08:24:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事

ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品