ファッション

【実は快適】夏でも長袖を着る6つのメリット。夏の長袖選びのポイントは?

こんにちは。ヒロシです。

夏になると、多くの方が半袖のトップスを着るかと思います。

しかし、実は長袖にも非常に大きなメリットがあるのをご存知ですか?

というより、実は半袖よりも合理的で快適だったりしますよ。

Hiroshi
Hiroshi
僕自身、夏に長袖を着る快適さ・合理性に気づいてからは、暑い日でも普通に長袖を着ます。

 

本記事の内容

  • 夏に長袖を着る6つのメリット
  • 夏に着る長袖選びのポイント
  • 夏でも着られるおすすめの長袖トップス紹介
    →メンズ・レディースのコーデも含む

本記事で、暑い夏を快適かつお洒落に過ごせる「長袖コーデ」が分かるはず。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

夏でも長袖を着る6つのメリット

暑い夏に長袖を着るってどういうこと?その心理がよく分からないよ

普通なら、上記の感想を持つ方が多いと思います。

しかし「夏でも長袖」には非常に大きなメリットがありますよ。

①:日焼け対策になる

夏に外出する際には、多くの方が日焼け止めを塗ると思います。

しかし、時間の経過とともに汗で落ちてしまい、効果がなくなります…

Hiroshi
Hiroshi
日焼け止めが落ちた時に、また塗り直すのも結構面倒&大変ですよね。

 

しかし長袖を着ていれば、服が肌全面を覆ってくれます。

それだけで日焼け対策になるので、めちゃ楽ですよ。

②:室内外・朝晩と日中の気温差に対応できる

夏に困りがちなのが、室内外・朝晩と日中の気温差。

  • 外は35℃超の猛暑なのに、冷房の効いた室内は20℃程度
  • 日中は暑いけれど、朝晩にはちょっと冷える

上記は割とあるあるで、体温の調節が結構大変ですよね。

半袖の場合だと、1枚羽織るものが必要です。

しかし羽織る上着を持つのも面倒ですし、忘れてしまう可能性もあります。

 

そんな気温差に対する対処や悩みも、長袖を着ていれば一発で解決します。

長袖1枚を着ていて寒さを感じることは、夏にはほぼ無いでしょう。

③:満員電車で他の人の汗がつかない

満員電車等の人が密集する場所にいると、どうしても周りの人とぶつかってしまいます。

特に夏だと、多くの方が汗をかいていますよね。

近くの人の腕とぶつかってしまった際、その人の汗が自分の腕にくっついて、不快な思いをしたことはありませんか?

僕は汗でヌルッとするのが耐えられないです…

(もちろん自分の汗で他の人に不快感を抱かせるのも嫌です)

 

でも、長袖を着ていればその問題も起きません。

服がしっかりとガードしてくれるので、他の人の汗が自分につくのを防いでくれます。

④:大人っぽく見える

半袖を着ると肌の露出が増えるため、どうしても幼く見えがちです。

その上、涼しさ重視でショーツを履くと、子どもっぽい印象を与えかねません。

 

一方で、長袖は着るだけで程よい大人っぽさを出してくれる便利アイテム。

肌の露出が抑えてある分、スタイリング全体を落ち着かせてくれます。

COMOLIの白シャツを使ったコーデ

出典:https://wear.jp/gejx2opnpretty/1615254/

子どもっぽく見えがちなショーツスタイルも、長袖のトップスを着ると変わります。

グッと大人っぽくなり、自然なおしゃれ感を演出してくれますよ。

⑤:他の人との差別化になる

当然ですが、夏は大多数の方が半袖を着ています。

その中で自分だけが長袖を着ていたら、それだけで他の人との差別化になりますよね。

  • 他の人と同じような格好はしたくない
  • 少しでも個性を出したコーディネートをしたい

上記の方は、夏に長袖を着るのがおすすめ。

Hiroshi
Hiroshi
白シャツ等のベーシックな服でも、夏なら「長袖」というだけで他と違ったおしゃれ感が出ます!

長袖ならば、袖をまくったりして色々な着こなしもできますしね。

⑥:夏は半袖でも長袖でも暑い

最近の夏は本当に暑いですよね…

35℃超えは当たり前、40℃に迫る日も少なくありません。

そんな気温だったら、正直なところ半袖でも長袖でも暑いです。

Hiroshi
Hiroshi
おそらく半袖の方が涼しいのかもしれませんが、「誤差」のレベルかと。

 

結局、何を着ても夏は暑いんです。

それなら、上記のメリットが享受できる長袖を着る選択は、非常にアリだと思いませんか?





夏に着る「涼しい」長袖選びのポイント

夏に着る長袖選びのポイント

夏に長袖を着るのがおすすめだとはいっても、選ぶ服を間違えると暑すぎてしまいます。

以下の2つのポイントに注意して、長袖のトップスを選びましょう。

①:ゆとりのあるサイズ感

夏に長袖を着る際には、サイズ感に注意しましょう。

肌に直接触れるくらいのジャストなサイズ感だと、自分のかいた汗が服にくっついきます。

Hiroshi
Hiroshi
ベタっとして不快感を覚える可能性大ですね。

 

ゆとりのあるサイズ感の長袖をチョイスするのがおすすめ。

肌と生地に空間があれば風通しが良くなり、涼しく過ごせますよ。

Hiroshi
Hiroshi
パンツも薄手orショーツを選べば、より季節感があっておしゃれ&快適です。

②:涼しい素材(コットン・リネン・ポリエステル)

夏は当然暑いので、風通しが良い・速乾性がある素材の服を選ぶのがおすすめ。

中でも代表的なのが、コットン、リネン、ポリエステルです。

コットン素材

コットンはオールシーズン使える素材の代表格。

吸水性が高く、また風通しも良好です。肌にやさしいのも嬉しいですね。

ただ、厚手の生地(例:オックスフォードシャツ)だと夏に着るのは厳しいので要注意。

Hiroshi
Hiroshi
薄手の生地感のものがおすすめ!

リネン素材

リネンは吸水性や速乾性に優れているので、水に濡れてもすぐに乾いてくれる素材。

Hiroshi
Hiroshi
サラサラとした肌触りなので、夏にぴったりです。

 

また、リネンは自然なシワ感が特徴的で、着るだけで雰囲気が出る素材でもあります。

実は超万能。リネン素材の6つの魅力・特徴とおすすめブランド3選

ポリエステル素材

化学繊維であるポリエステル。

非常にドライな着心地で、肌にまとわりつきずに快適に着ることができます。

速乾性に優れているのですぐに乾く上、洗濯機で洗ってもシワになりにくいです。

Hiroshi
Hiroshi
実用性のある素材ですね。

 

肌へのやさしさの面ではやや劣りますが、コットンと混紡されることも多いです。

あまり気にしすぎる必要はないかと。





夏に着る手頃な価格の長袖トップスは、ヘインズがおすすめ

夏に着られる長袖トップスが欲しい。できれば手頃な価格で

Hanesの「ビーフィー」をおすすめします。

ヘインズのビーフィーは、コスパを語る上ではまず出てくる名作Tシャツ。

半袖が非常に有名ですが、実は長袖も非常に評判が良いんですよ。

Hiroshi
Hiroshi
基本はメンズですが、レディースの方が大きめに着こなすのも今っぽくて超おすすめ!

 

ビーフィーの最大の魅力は「シルエット」です。

177cm60kg・XLサイズ着用

身幅がやや大きめでストンと落ちるのボックスシルエット。

サイズを上げると、今っぽい絶妙なゆとりで着られるんです。

アームがすっきり目で大きすぎる印象にならず、本当に着やすいです。

Hiroshi
Hiroshi
もちろん生地と肌の間に空間があるので、涼しく着られますよ。

 

生地感は、程よく厚みがあってタフな雰囲気。

繰り返しの洗濯にも耐えられますし、またコットン100%なので着心地も良好。

なめらかさとドライさが両方ある生地で、春夏は1枚で・秋冬はインナーで使えます。

着用や洗濯を繰り返すと、生地がどんどん馴染んでいきますよ。

Hiroshi
Hiroshi
僕も長袖のビーフィーを愛用していますが、2,000円で買えるロンTとしては本当に完成度が高いです。
個人的に半袖よりもおすすめ。

関連:ヘインズ・ビーフィーTシャツの縮みとサイズ選びのコツ

 

夏だと店舗で長袖は売っていない可能性大ですが、楽天Amazonなら在庫があります。

サイズが選べるうちに、ぜひチェックしてみてください。

夏に着る長袖トップスは「シャツ」でもOK

長袖のシャツも夏に着られますよ。

僕も夏には、よく「長袖の白シャツ」と「ハーフパンツ」を合わせます。

COMOLIの白シャツを使ったコーデ

出典:https://wear.jp/gejx2opnpretty/1615254/

(上の写真のようなイメージです)

なお、夏に着られるシャツは以下のようなポイントで選びましょう。

  1. 薄手のサラッとしたコットン素材orリネン素材
  2. ゆとりのあるシルエット

この2点さえ押さえていれば、夏でも問題なく着られます。

 

ちなみに僕はDIGAWELというブランドの長袖シャツを夏でも着ていますね。

digawel4のstandard shirt

シルエットがゆるめで生地が体につかないので、夏でも涼しいですよ。

Hiroshi
Hiroshi
ディガウェルのシャツもメンズ・レディースともに着られます!
女性の方が羽織るように着てもすごく可愛いですよ。

 

以下の記事で詳しくレビューしているので、気になる方はぜひご覧ください。

【最高の白シャツ】DIGAWEL STANDARD SHIRTのレビュー

¥16,500
(2021/10/25 23:26:58時点 楽天市場調べ-詳細)

補足:夏の長袖トップスに合うボトムス

上でも少し触れましたが、夏の長袖トップスには「ショーツ」を合わせるのがおすすめ。

  • 全体が軽やかな印象になる
    →トップスが長袖でも暑苦しさが出ない
  • ショーツのカジュアルさを長袖トップスが緩和
    →大人っぽくなり、全体のバランスが整う 

ショーツと長袖は、それぞれ補完しあう=本当に相性が良いんですよね。

 

僕が愛用している&おすすめのショーツは、プロッパーのBDUショーツです。

プロッパーは、米軍にユニフォーム等を納入するアメリカのブランド。

米軍は「世界で最も基準が厳しい」と言われるので、品質は折り紙つき。

  • 程よい太さの綺麗なシルエット
  • 丈夫で涼しい「リップストップ生地」を使用
  • ベーシックなデザイン+カーゴポケットがアクセント

本当に使いやすいショーツなのですが、6,000円ほどで買えます。

Hiroshi
Hiroshi
ショーツに高いお金を出すのは気が引ける僕にとっては、本当にありがたい価格設定です…

(ショーツでも普通に1万円以上しますからね…)

 

基本はメンズですが、女性の方が大きめに履くのも人気と聞きます。

最近はミリタリーファッションが流行っていますからね。

長袖トップスと合わせてチェックしてみてください!

関連:【サイズ感】プロッパー・BDUカーゴショーツをレビュー

PROPPER プロッパー
¥6,300
(2021/10/25 07:24:16時点 Amazon調べ-詳細)

夏でも長袖!コーディネート例【メンズ・レディース】

長袖を着た夏のコーデ例をメンズ・レディース別に紹介します。

①:メンズ

出典:https://wear.jp/goi0329/16852155/

ロンT+ショーツ+スニーカーのラフなメンズコーデ。

半袖Tシャツだと子どもっぽくなる可能性大ですが、長袖を着ていることで大人っぽさがあります。

ショーツなので見た目も涼しげ。

Hiroshi
Hiroshi
ロンT+ショーツは、夏っぽさと大人っぽさのバランスをうまく取れますね。

②:レディース

出典:https://wear.jp/hitomi219/10894746/

セントジェームスの名作である「ナバル」を着たレディースコーデ。

ナバルは比較的薄手なので夏でも着られますし、爽やかなボーダーが春夏らしいですね。

Hiroshi
Hiroshi
こんな感じで腕まくりをしても良いと思います!
¥8,999
(2021/10/25 23:26:59時点 楽天市場調べ-詳細)

【まとめ】夏でも長袖は着られる。むしろメリットだらけでおすすめ

【まとめ】夏でも長袖は着られる。むしろメリットだらけでおすすめ

夏=半袖を着る方が多いですが、意外と長袖にもメリットがあります。

また長袖ならば、オールシーズン着られるので使い勝手も良いですよ。

  • 春夏の時期:1枚でサラッと着る
  • 秋冬の時期:ジャケットやアウターのインナーとして着る 

長袖シャツ・Tシャツは汎用性が本当に高いので、僕も1年中着ていますね。

 

おしゃれの面でも、実用性から見えても非常に合理的な「夏の長袖」。

この夏は、ぜひ長袖に挑戦してみてください。

¥8,999
(2021/10/25 23:26:59時点 楽天市場調べ-詳細)

PROPPER プロッパー
¥6,300
(2021/10/25 07:24:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめ記事

ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品