メンズファッション

【第2弾】高品質の鯖江メイド!おしゃれな国産メガネブランド5選

こんにちは。ヒロシです。

しばらく前に「良いメガネがほしい!」ということで、日本製のメガネブランドについて書きました。

【良い眼鏡がほしい方へ】高品質な日本製メガネ(アイウェア)ブランド5選こんにちは。視力0.03のヒロシです。 僕は目が超悪いです。そんな僕は普段は専らコンタクト。 でも当然眼鏡も持っています。 ...

この記事では、一般的なメガネ量販店(JINSやZoff)のワンランク上のメガネブランドとして、

  • 白山眼鏡
  • 金子眼鏡
  • 増永眼鏡
  • ayame(アヤメ)
  • BOSTON CLUB(ボストンクラブ)

の5つのブランドを挙げています。

この5つのブランドを中心に、色々とメガネを吟味した結果…

今年の夏ごろにクレイトンフランクリンの眼鏡を購入しました。

CLAYTON FRANKLIN CF-622はクラシックで洗練された雰囲気の最高のメガネどうも、ヒロシです。 以前から良いメガネが欲しいと思っていた僕。 https://www.ponkotsu-hitomish...

このメガネを買ってからヘビロテしているところですが、メガネの魅力に取りつかれてしまったのか、「もう一本欲しい!」 という衝動に駆られております。そして現在、色々なブランドのメガネを見ているところです。

ということで、メガネブランドの記事の第2弾として、メガネの聖地・福井県鯖江で生産されている、高品質なメガネブランドを5つ紹介します。

福井県・鯖江メイドのおしゃれなメガネブランド5選

第一弾では、歴史のある職人気質なブランドを中心でしたが、今回の第二弾では、しっかりとした品質を誇りながらも、新進気鋭のデザイナーが手掛けるブランドを中心に紹介していきます。

EYEVAN/EYEVAN 7285(アイヴァン/アイヴァン7285)

「アイヴァン」は1972年に「着る眼鏡」をコンセプトにして生まれた、日本初のファッションアイウェアブランド。

単に視力矯正の道具であったメガネを、ファッションアイテムとして落とし込んだという意味で、当時としては非常に画期的だったようです。

鯖江の職人の熟練の技術を駆使した精巧なつくりと高いデザイン性を誇るアイヴァンのメガネは、1985年に海外進出を果たすと、世界中から高い評価を得て、ハリウッドセレブにも愛用される世界的なアイウェアブランドへ成長しました。

EYEVAN

創業時の「アイヴァン」というブランドは、2003年から活動休止へ。

しかし2018年の秋冬シーズンより、1980年代に発表されたフレーム・サングラスの復刻させた新作”Capsule Collection”として「アイヴァン」が復活したのです!

f:id:footmuji:20181223161744j:plain

出典:https://www.fashion-press.net/news/41188

クラシックなボストンフレームでどれも抜群にかっこいいですね…

アイヴァンというブランドのバックグラウンドも含めて、一本欲しくなってしまいます。

ちなみに価格はフレームが3万円~4万円です。

EYEVAN 7285

アイヴァン7285は、「アイヴァン」が創設された1972年から海外進出を果たした1985年まで生産されていた、初期のアイヴァンのデザインにインスパイアされて、2013年に設立されたブランドです。

おそらく”EYEVAN”といったらこちらの方が今では一般的でしょう。ファッション関係者や芸能人の方にも愛用者が多いブランドです。

View this post on Instagram

典子 上谷さん(@sense_hiroshima)がシェアした投稿

写真でも伝わるくらいの精巧なつくり。これは「工芸品」の類ですね…

大人っぽいメタルフレームで本当にカッコいいです。

ちなみに価格は4万円~5万円と若干お高めになっています。

CLAYTON FRANKLIN(クレイトンフランクリン)

鯖江の日本トップレベルの工場で生産されている国産ブランドながら、アメリカやヨーロッパで先に評価が上がった「クレイトンフランクリン」。

僕も愛用していますが、抜群にかっこよくて本当に掛け心地が良いんです。

「古いモノが時代を経て、新しいモノとして生まれ変わる」をコンセプトとしているので、クラシックで洗練されたメガネが多くラインナップされています。

View this post on Instagram

blincさん(@blinc_aoyama)がシェアした投稿

しっかりと存在感のあるフレームながらも、ボリュームは控えめで全体のバランスが絶妙ですね。クラシックさがたまらなくカッコイイ…

ちなみに価格は3万円~4万円です。

kearny(カーニー)

カーニーは、祐天寺の古着屋”Feets”のオーナーであった熊谷富士喜氏が、アメリカのヴィンテージ眼鏡に魅了され、日本の熟練の職人によるセルロイド眼鏡を作りたいという思いで立ち上げたブランド。

「セルロイド」とは、頑丈で独特のツヤ感が特徴の、昔ながらのプラスチック素材です。

しかしセルロイド製フレームは、少量多品種の生産ができないこと、取り扱いが難しく熟練の職人でないとメガネを作れないことが理由で、現在は大半のメガネが、取り扱いが容易な「アセテート」というプラスチック素材で作られています。

f:id:footmuji:20181224005727j:plain

出典:https://www.bless-life.com/wp/2016/07/19/2202/

kearnyは頑丈なセルロイド素材にこだわっているということで、長く愛用できるとともに、独特の温もりを感じながらメガネを楽しめそうです。

セルロイドがもうほとんど使われていない素材なので、その希少性を感じながらkearnyのメガネをかけると一層特別感が生まれます。kearnyというブランドのこだわりごと着用するということですね。

View this post on Instagram

CORNERS BY UNLIMITED.さん(@corners_by_unlimited)がシェアした投稿

View this post on Instagram

CORNERS BY UNLIMITED.さん(@corners_by_unlimited)がシェアした投稿

男女どちらがかけても柔らかく、おしゃれな雰囲気が出ています。

永く愛用できるメガネとして、セルロイド製のものが欲しい…

ちなみに価格は3万円~4万円です。

YELLOWS PLUS(イエローズプラス)

デザイナーの山岸稔明氏が手掛ける「イエローズプラス」は、2001年に創業したブランドです。

伝統的な職人の熟練の技術を生かした、美しくスマートなデザインのメガネは世界的に高い評価を得ています。

f:id:footmuji:20181224011341j:plain

出典:http://ponmegane.com/urawa/160108-yellowsplus-nicky/

シンプルながら適度な装飾があってとにかくおしゃれ。小細工なしでかっこいいです…

f:id:footmuji:20181224012601j:plain

出典:http://www.yellowsplus.com/index.php

素材や技術が世界的に評価されている「イエローズプラス」。

主張しすぎないシンプルなデザインなので、ON-OFF問わず活躍してくれそうです。

ちなみに価格は3万円~4万円程度

Buddy Optical(バディオプティカル)

デザイナーは池原玄。

Buddy(気心の知れた仲間)のようにアイウェアに親しみを持ち、洋服を着替えるようにメガネをかけ替えてほしいという願いが込められた「バディオプティカル」。

鯖江の職人によるハンドメイドにこだわりながらも、価格が2万円~3万円と他の鯖江メイドのブランドよりも抑えめなのが魅力です。

f:id:footmuji:20181224013944j:plain

出典:https://www.strato.co.jp/SHOP/BuddyOptical-cis-.html

デザイン性が高いメガネが特徴のバディオプティカル。

シンプルというよりは、コーデに奥行きを持たせてくれるような、ファッショナブルなデザインが魅力なので、女性にもぴったりです。

View this post on Instagram

1LDK annexさん(@1ldk_annex)がシェアした投稿

バディオプティカルは価格的にも控えめ&唯一無二のデザイン性という理由で、ファッションアイテムとしておしゃれ上級者に人気のイメージがありますね。

そのためか、アイウェアのショップというよりは、洋服をメインにしたセレクトショップでの取り扱いが多いです。

1LDK(中目黒、表参道など)やtoff(五本木)にはバディオプティカルが豊富にセレクトされています。


 

良いメガネをかける理由

ここで紹介したメガネは、レンズ代込みだと4万円~5万円以上します。

でも、パッと見た感じでは、レンズ代込みで一本5,000円くらいから買えるJINSやZoffのメガネと大きくは変わりません。度数さえ合っていれば、見え方も同じ。

それでも僕は、10倍ものお金をかけてでも良いメガネが欲しいと思ってしまう…

というのも、圧倒的に掛け心地が良いことはもちろんですが、繊細なデザインやブランドの世界観、職人によるハンドメイドという、実用性とはかけ離れたファッション性・ストーリー性に魅せられているから。

メガネは、目が悪いというデメリットをメリットに変えてくれるとともに、顔の印象を大きく左右するアイテムです。

【視力】目が悪いことの3つのメリットこんにちは。コンタクト生活約10年、視力0.03のヒロシです。 目が悪いのって何かと不便ですよね~ 僕の場合、小学校6年生く...

だからこそ、細かなところにまでこだわり抜いた良質なメガネが欲しいのです。

良いメガネを掛けることで、良い気分で一日を過ごせる、自分にちょっとでも自信が持てる、そしてその自信が顔にも表れるから、自分の顔がカッコよく見える。

僕が良いメガネをかける理由はそれです。


 

あとがき

今回の記事では5つのアイウェアブランドを紹介しました。

今までコンタクト生活をしてきた僕ですが、クレイトンのメガネを掛けるようになってからは、メガネ生活にしようと考えています。

毎日の気分に合わせてメガネを変えるのってすごく魅力的だなと。

工芸品のような精巧なつくりのEYEVAN

クラシックなCLAYTON FRANKLIN

ヴィンテージ感のあるセルロイド製のkearny

シンプルで洗練されたYELLOWS PLUS

高いデザイン性のBuddy Optical…

正直全部欲しい…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です