メンズファッション

【真相】なぜ「インナーダウンはダサい」と言われるのか?

こんにちは。ヒロシです。

インナーダウンと言えば、寒い冬に頼れるアイテム。

しかし、ネットを見ていると「ダサい」との声も聞こえてきます。

冬に着るのにインナーダウンを着ようと思っていたけど、ダサいと思われるならやめた方がいいのかな、、

上記のように不安を感じる人もいるはず。

そこで今回はインナーダウンがダサいと言われる理由を取り上げます。

 

本記事を読むことで、インナーダウンをおしゃれに着こなせるはず。

3分ほどで読めるので、ぜひ最後までお付き合いください。

【前提】インナーダウンは便利。しかし嫌いな人も多い

前提として、インナーダウンは本当に便利なアイテム。

使える幅が本当に広いからです。

  • ヘビーアウターのインナーに着る:真冬も対応できる
  • ライトアウターのインナーに着る:初冬なら余裕
  • 1枚でノーカラージャケット的にも着られる

さらにアウトドア用途や近所を歩くときにも重宝しますよね。

Hiroshi
Hiroshi
価格も数千円〜1万円前後と手頃ですから、人気も納得です。僕もいくつか所有しています。

 

でも一方で、インナーダウンにマイナスイメージがあるのも事実。

Google検索では、マイナスな検索候補がたくさん並んでいます。

なぜ手頃かつ便利なのに嫌いな人が一定数いるのか。

その理由について考察していきます。

インナーダウンがダサいと言われる理由

インナーダウンがダサいと言われる理由は、大きく3つあると思います。

  • 着ぶくれする
  • ダウンパックが外側にある
  • カジュアルになり過ぎる

それぞれ詳しく解説していきます。

理由①:着ぶくれする

ダサいと言われる最大の理由が「着ぶくれ」だと思います。

インナーダウンは、比較的ボリュームがあるアイテムですよね。

それ故に着ぶくれしやすく、野暮ったく見えやすいんです。

Hiroshi
Hiroshi
特にスーツ等と合わせる時は危ないです。
インナーダウンのボリューム感が、スーツのスタリッシュさを消してしまいます。

 

また、インナーダウンのメインシーズンである真冬は要注意。

  • 下着
  • ニットやスウェット
  • インナーダウン
  • コート等のヘビーアウター

「寒いから」と、上記のように重ね着してしまいますよね。

しかしこんなに着込んだら、ほぼ確実に着ぶくれしてしまいます…

 

ボリューム感ゆえに、肩周りや胸周りが着ぶくれしやすい。

インナーダウンを着る際には注意したいポイントです。

理由②:ダウンパックが外側にある

インナーダウンの多くは、ダウンパックが外側にあります。

(↓僕の持っているモンベルのインナーダウン)

モンベルのインナーダウン

モコモコが目立つので、正直おしゃれ感は劣るかなと。

人によっては「キン肉マンみたい」と思うでしょう…

Hiroshi
Hiroshi
特にアウターとして1枚で着ると、ダウンパックが本当に目立ちます。人によっては「ダサい」と感じる場合もあるでしょう。

理由③:カジュアルになり過ぎる

大前提、インナーダウンは非常にカジュアルなアイテムです。

(元々アウトドア用ですし)

そのため、全体のバランスに注意しないと野暮ったくなります。

  • Tシャツ・スウェット・柄のシャツ
  • デニムやチノパン
  • スニーカー

上記のような、カジュアルなアイテムばかりと合わせるとどうなるか。

大人っぽくは見えず、洗練された雰囲気は出にくいですね…

Hiroshi
Hiroshi
垢抜けない感じ・おじさんっぽさが出てしまい、結果として「ダサい」と言われるのかなと思います。

【ダサいと言われない】インナーダウンのおすすめ着こなし方法

ユニクロ等でも気軽に買えて、かつ温かいインナーダウン。

優秀なアイテムですが、着こなしや選び方に注意する必要があります。

そこで、インナーダウンをおしゃれに着るコツを紹介します。

  • サイズ感に注意する
  • 中に着るものを薄手にする
  • ベストタイプを選ぶ
  • ダウンパックが内側のものを選ぶ
  • インナーダウンの上に着るものと色を合わせる
  • パンツでバランスを取る

具体的には上記の6つ。

いくつか意識するだけで、ダサいと思われる不安を消せますよ。

①:サイズ感に注意する

こちらは着ぶくれを防ぐ方法です。

簡単に言えば「ジャストサイズのもの」を選んでください。

 

最近は大きめアイテムを着るのがトレンドです。

また「中にニットを着るから」と大きめを選ぶ方もいるでしょう。

しかし、ただでさえインナーダウンはボリュームのあるアイテム。
大きめを選ぶと、より着ぶくれしやすくなります。

サイズを上げると着丈も長くなり、着こなしも難しくなるでしょう。

 

野暮ったさを抑えて綺麗に着るためにも「ジャストサイズ」が正解です。

モンベルのインナーダウン

モンベルのインナーダウン

ジャストサイズならスッキリ見えるので、着ぶくれしにくいですよ。

Hiroshi
Hiroshi
サイズに迷ったら「小さめ」が正解です。
例えばMとLで迷ったら、Mを選んでください。

②:中に着るものを薄手にする

インナーダウンの中には、シャツやTシャツなどの薄手のトップスを着ましょう。

理由は単純に、ニット類を着るとより着ぶくれするためです。

  • ニットやスウェットはそもそもボリュームがある
  • インナーダウンもボリュームがある

ボリュームがある服を2つ着たら、当然着ぶくれもしますよね。

だからこそ、インナーで調整するイメージです。

 

でも中にTシャツ1枚だと寒くない?
ニットを着ないと冬を越せない気がする…

上記のように疑問を感じる人もいるはず。

しかしこれは誤解で、ダウンの中は薄手トップスの方が温かいんですよね。

参考:ダウンジャケットは「素肌に直接」が暖かい?

(体温によって羽毛がふくらみ、温かい空気をためるイメージ)

素肌に近いところでダウンを着た方が、より温かさを感じやすいんです。

Hiroshi
Hiroshi
以前モンベルの店員さんにも「あまり着込む必要はないですよ」と言われました。

③:ベストタイプを選ぶ

こちらも着ぶくれを防ぐ方法。

スッキリ見せるために、ベストタイプのインナーダウンを選ぶのも1つです。

 

インナーダウンで最も着ぶくれが目立つのって「腕周り」なんですよね。

ベストタイプを選べば、腕周りの窮屈さは気になりません。

もちろん「アウターとしても着たい」と考える人には微妙でしょう。

しかし「インナーでしか着ない」のであれば、ベストタイプがおすすめです。

Hiroshi
Hiroshi
袖がなくてもお腹周りは温められるので、さほど寒さも気にならないかと。

 

スーツにはスーツ用のベストを

「スーツに合わせたい」と考える人には、特にベストがおすすめ。

スーツのスタイリッシュな雰囲気を壊さないためです。

そしてスーツ用のインナーダウンベストを選んでください。

 

例えば、TAIONのインナーダウンジレです。

出典:https://wear.jp/item/49866120/

肩周りのスッキリ感に加え、Vネックがかなり広い作り。

ネクタイも綺麗に見えるので、防寒性とカッコよさを両立できます。

 

「スーツにインナーダウンはダサい」と特に言われます。

それを防ぐために、スーツにはスーツ用のダウンを選んでください。

TAION Vネックボタンインナーダウンジレ

④:ダウンパックが内側にあるものを選ぶ

「キン肉マンっぽいのが嫌」「アウターとしても使いたい」方向け。

ダウンパックが内側にあるインナーダウンを選びましょう。

出典:http://wm.digital-mountain.info/

ご覧のとおり、非常にスタイリッシュな印象が出ます。

アウターとしても使いやすいでしょう。

 

ウールベストもおすすめ

ダウンパックが内側にあるものは、正直数が非常に少ないです。

(メンズだとパープルレーベルくらいしかない上に高額)

そこで、ウールベストも視野に入れるのがおすすめ。

nestRobe CONFECTのウールベスト

ウールベストなら、インナーダウン的に重ね着可能。

アウターとしても着られて、かつ綺麗な雰囲気も出ます。

上品さを求める方には、インナーダウンよりウールベストがおすすめです。

【名作】nestRobe CONFECT・ウールベストのレビュー

⑤:上に着るものと色味を合わせる

上に着るアウターとインナーダウンのバランスも話です。

色味を合わせると統一感が出るので、良い具合にまとまります。

出典:https://wear.jp/vivacematsu/18420940/

インナーダウンが変に目立つことなく、なじんでいますよね。

大人っぽく着るためには、アウターの色との相性を考えてください。

Hiroshi
Hiroshi
迷ったら「黒系」が間違いないです。どんな色のアウターとも相性が悪くなりません。

 

コットン系のアウターがおすすめ

インナーダウンの上にウールのコートを着る人も多いはず。

しかし、バランスが難しくなる可能性もあります

  • インナーダウンのスポーツ感
  • ウールコートの上品さ・綺麗な印象

どうしても相反する印象が出るアイテムだからです。

Hiroshi
Hiroshi
人によってかなり好き嫌いが分かれるかなと思います

 

そこで、コットン系のアウターに合わせるのがおすすめ。

(ステンカラーコートやジャケットなど)

出典:https://wear.jp/aldabaran/13942827/

全体のトーンや雰囲気が合っていますよね。

コットン系アウターなら、ライナー的に合わせられますよ。

⑥:パンツでバランスを取る

インナーダウンは、非常にカジュアルな雰囲気のアイテム。

上品なパンツを合わせて、バランスを取るのがおすすめです。

出典:https://wear.jp/lb_matsu/11512439/

上品なスラックスのおかげで、全体が大人っぽく見えます。

スポーツ感と綺麗さがミックスされていますよね。

TAION INNER DOWN OFFICIAL(タイオン・インナーダウン・オフィシャル)

【メンズ・レディース】おすすめのインナーダウン

おすすめのインナーダウンは以下の2つです。

  • モンベル
    →少し値が張ってもより高品質を求める方向け
  • TAION
    →コスパやバリエーションの豊富さが魅力

それぞれ紹介していきます。

①:モンベル

モンベルのインナーダウン

モンベルは、日本発のアウトドアブランド。

インナーダウンの草分け的な存在ですね。

ダウンの品質が高品質で、本当にあたたかいです。

Hiroshi
Hiroshi
クルーネックも綺麗な作りなので、中に着るアイテムと干渉せずとても着やすいです。

 

価格は1万円以上とやや高額。

しかし、こだわりたい方にはモンベルがおすすめです。

【レビュー】モンベルのスペリオダウンが傑作だった

②:TAION

TAIONのインナーダウン

TAIONはダウン専門のブランド。

近年非常に人気が高まっている印象です。

ユニクロくらいの値段で、デザイン性・品質の高いダウンが買えます。

 

TAIONの魅力はバリエーションの豊富さですね。

  • クルーネック・Vネック・ハイネック
  • ジャケットタイプ・ベストタイプ
  • スーツに相性の良いジレタイプ
  • コートとインナーダウンのセット

上記のように本当にたくさん用意されています。

あなたが欲しいインナーダウンが見つかるはずです。

Hiroshi
Hiroshi
「スーツに合わせたい」「上に着る用に相性の良いコートも揃えたい」などの希望も叶いますよ。

関連:TAIONのインナーダウンをレビュー。安いけど本当に良い?

TAION INNER DOWN OFFICIAL(タイオン・インナーダウン・オフィシャル)

【まとめ】インナーダウンはなぜダサいと言われるのか

長いシーズン着られるインナーダウンは、とても便利なアイテム。

しかし、おしゃれ目的で着るためには工夫が必要です。

  • サイズ感や中に着るものに注意して着ぶくれを防ぐ
  • 「スーツ用」など用途ごとに考える
  • 上に着るアウターや他のアイテムとの相性を考える

上記によって、インナーダウンを良い雰囲気で着こなせるはず。

 

この記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

TAION INNER DOWN OFFICIAL(タイオン・インナーダウン・オフィシャル)

TAION Vネックボタンインナーダウンジレ

ABOUT ME
Hiroshi
月間25万PVの当ブログを運営する、26歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品