おすすめファッションアイテム

【コスパ最高】20代男子が買ってよかったもの・ファッション編【Amazon・楽天で買える】

こんにちは。ヒロシです。

僕は本当に好きなものを厳選する「ミニマリスト」気質があります。

ブログを書くほどにファッションは好きですが、心から気に入ったものしか買いません。

Hiroshi
Hiroshi
「買ったけどあまり使わなかった」ものは、すぐに手放しますね。

 

今回はそんな20代男子の僕が本当に買ってよかったファッションアイテムを紹介します。

  • 洋服
  • ファッション雑貨・小物
  • 靴・スニーカー

ジャンルはこの3つで、いずれも自信を持っておすすめできるアイテムです。

Hiroshi
Hiroshi
値段は結構バラバラで、高いものも比較的安いものもあります。
ハイブランドはなく、ドメブラ・インポートが中心です。

 

なお、大半のアイテムがAmazonや楽天で購入可能です。

長く使える&コスパの良い名品も多いので、ぜひお買い物の参考にしてください!

【ファッション】20代男子が買ってよかったもの・服編

【ファッション】20代男子が買ってよかったもの・服編

まずはファッションアイテムの代表格である「服」から紹介します。

購入した年はバラバラですが、いずれも本当に素晴らしく、長く愛用したくなる逸品です。

FIRMUM ワイドテーパードデニム

FIRMUMのデニムパンツ

2019年春夏シーズンに、ドメスティックブランドのFIRMUMからリリースされたデニムパンツ。

FIRMUMは毎シーズン定番でデニムパンツを出していますが、このワイドテーパード型は2019年からの新作です。

 

このデニムの魅力は、異なるテイストのミックス加減です。

  • グレーステッチを使った、上品なリジッドデニム
  • ボタンフライや赤耳などヴィンテージデニムのディテールを踏襲

洗練された印象を持ちつつ、ジーンズらしさも残しているのが最高にクールです…

FIRMUMのデニムパンツ セルビッジデニム

スラックスによくある「スラッシュポケット」を採用しているのも良い感じです。

 

シルエット的には非常に独特で、お尻や太もも周りはかなり太め。

しかし、膝から下にかけてはキュッと細くなっています。

FIRMUMのデニムパンツ

かなりクセがあるように見えますが、意外にも合わせやすいんですよね。

デザインも相まって試着した瞬間に購入を即決しました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi(@footmuji)がシェアした投稿

どんなトップスにも合うので、購入してから季節を問わずガンガン履いています。

Hiroshi
Hiroshi
13オンスの適度な厚みなので、オールシーズン履き回すことができますよ。

 

「個性的だけど合わせやすいデニムパンツが欲しい」方には、選んで間違いのない逸品だと思います。

FIRMUMのデニムはクセが強いのに合わせやすい、最高のデニムパンツ

 

また、コットン100%のリジッドデニムなので、自分で育てる楽しさも味わえます。

ワイド型なので色落ちは控えめですが、ゆっくりと着実に育っていきますよ。

FIRMUMのデニムパンツの色落ち・エイジング記録(7ヶ月)【初洗濯した】

 

なお、FIRMUMのデニムは他の型もスリムテーパード型・ワイドストレート型も素晴らしいです。

(定番的に出ているモデルで、僕のデニムの型違いになります)

お好きなシルエットを選べるので、ぜひチェックしてみてください。

Jackman ロンT(長袖Tシャツ)

1枚あれば絶対に重宝するのが、ジャックマンのロンTです。

一見普通のロンTですが、とにかく素材と細部の作り込みが素晴らしく、かなりの頻度で着ていますね。

 

素材はU.S.Aコットンです。

アメリカのコットンらしく、ややザラッとしたタフな雰囲気。

しかし素材自体がやや薄手なので、夏でも着られます。

ジャックマンの長袖Tシャツ

上はかなり着込んだ状態のものですが、着ていくうちに生地がなじんで柔らかくなってくるのも魅力の1つ。

着込むと若干伸びてくるものの、全体の型崩れはしません。

その少しヨレた雰囲気すらも1つの味だと感じてしまいますね。

 

ややスウェットライクな袖口のリブや、マチがついた胸ポケット等のディテールも凝っています。

ジャックマンの長袖Tシャツ ジャックマンの長袖Tシャツ

ベーシックに見える中に、色々な工夫がされているのも魅力的です。

 

6,000円という、国産ブランドとしては手頃な価格帯もポイント。

確かにファスト系のブランドでは、2,000円〜3,000円くらいでロンTを購入できます。

しかし、長い目で見るとこちらの方が長持ちしますし、絶対に満足度が高いと言えますね。

評判は本当?半年着たジャックマンの長袖Tシャツのレビュー

ロシア軍 スリーピングシャツ

デッドストックのロシア軍スリーピングシャツ

僕が初めて買ったミリタリーアイテムである、ロシア軍のスリーピングシャツ。

これは1970年代〜1980年代にロシア軍(旧ソ連軍)が着ていたパジャマです。

 

しかし、「ノーカラーのプルオーバーシャツ」のデザインが非常に今っぽい雰囲気。

身幅が大きめ、かつ袖丈や着丈はやや短めなので、リラックス感があってこなれて見えるのが特徴的です。

 

元々僕は、ミリタリーアイテムには使いにくい印象を持っていました。

しかし、こちらは高いデザイン性と着やすいシルエットのおかげで、現行アイテムともすんなりと馴染んでくれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi(@footmuji)がシェアした投稿

 

コットン100%なのでガンガン洗えますし、生地自体にネップ(糸くず)があり、味のある表情を見せてくれるのも魅力。

デッドストックのロシア軍スリーピングシャツ

裏面は少しだけ起毛(ピーチ起毛)がかかっているので、着心地も抜群。

デッドストックのロシア軍スリーピングシャツ

「パジャマ」ですから、肌触りがめちゃ良いです。

 

1枚でサラッと着るのはもちろん、インナーとしても使えるので、オールシーズン使えます。

(こんな感じでベストを使って着るのが好きです)

 

新品未使用デットストックが流通していて、1万円以下で購入できるのも大きな魅力。

ただ、ミリタリーアイテムは人気が出ると急激に値段が上がります

Hiroshi
Hiroshi
人気になると数が減りますが、軍物は生産されていないので需要過多になるためです。
実際に、1年で倍以上値段が上がるアイテムも結構あります…

 

ロシア軍スリーピングも、最近かなり人気が高まっている商品です。

気になる方は、安く買えるうちに手に入れるのをおすすめします。

【コーデあり】ロシア軍・スリーピングシャツを徹底レビュー【注意点も】

alvana スウェット(Daily Crew Tee)

alvanaのスウェット"daily crew tee"

2018年にスタートした「alvana」のスウェット。

素材感と着心地、シルエットがとにかく素晴らしい、最高のスウェットと言える名品です。

 

高級なタンギス綿を使用しており、上品で程よいツヤのある素材感に仕上げています。

alvanaのスウェット"daily crew tee"

スウェットにありがちな「アメカジ感」は控えめで、スラッシュに合わせたくなる雰囲気がありますね。

 

また、裏地の処理が異次元で、素肌に触れた時にとにかく気持ちが良いです。

alvanaのスウェット"daily crew tee"

パイル地(タオルのような生地)なのですが、1つ1つの毛足が長く、とにかくふっくらしているので肌触りがめちゃ良い。

Hiroshi
Hiroshi
それでいて軽さもあるので、スウェットの常識が覆されるような着心地です。

 

身幅がゆるく、肩が落ちた今っぽいリラックスシルエットを採用。

alvanaのスウェット"daily crew tee"

ただ、やりすぎたオーバーサイズではないので、大人の方でも違和感なく着られるようになっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi(@footmuji)がシェアした投稿

 

価格は1万6,000円です。

一般的にはやや高いですが、ドメスティックブランドの中では比較的手に取りやすい価格。

デザインやクオリティを考えると、コストパフォーマンスは非常に良いです。

Hiroshi
Hiroshi
購入したお店の方曰く、グッチ等のハイブランドの商品と同じ工場の同じ機械で作っているとのことです。

 

とにかく一度見ていただきたいと思える逸品。

僕自身も末永く愛用していきたいと思います。

【レビュー】新鋭ブランド”alvana”のスウェットが最高だった【別次元の着心地】

nestRobe CONFECT HAORI

ネストローブコンフェクトのHaori

2019年の2月に購入した、ネストローブコンフェクトの”Haori”です。

生地はリネン100%。

リネン特有のナチュラルな風合いが楽しめるアイテムで、1枚羽織るだけでこなれた雰囲気が出ます。

Hiroshi
Hiroshi
「黒」ですが、リネンの風合いによって重さが抑えられ、季節を問わず着やすい雰囲気に仕上がっていますね。

 

和のテイストを感じるデザインも魅力の1つ。

ネストローブコンフェクトのHaori

襟の折り返され方・重なり方がどことなく和風で、凛とした雰囲気があります。

上品さと和風テイストが程よく調和されているのも魅力的です。

Hiroshi
Hiroshi
生地は表が起毛あり・裏が起毛なしと使い分けられています。
「ジャケット以上コート未満」で、年間を通じてかなり使いやすいです。

 

リネンのアイテムは簡単に雰囲気が出ますし、実はオールシーズン着用可能。

着込むと雰囲気も出て愛着も増すので、これからもどんどん着ていきたいですね…

「和」を感じさせる nestRobe CONFECTの「Haori」はナチュラルさがたまらない逸品

COMOLI コモリシャツ

いま大人気のCOMOLI(コモリ)。

コモリシャツはブランドを代表する名品ですが、本当に素晴らしかったです…

 

特徴は、やはり「シルエット」ですね。

一見するとベーシックなシャツですが、着てみると明らかな違いが分かります

各部に計算された絶妙なゆとりがあり、良い塩梅のリラックス感があります…

Hiroshi
Hiroshi
いま流行の「ビッグシルエット」ではないので、本当に着やすく、合わせるアイテムを選びません…

 

生地も極細の糸を使っている上、作りも非常に丁寧。

シルエットはゆるめですが、ドレスシャツのような上品さも感じます…

価格は24,000円と高額ですが、多くのお店で即完売するほど人気。

しかし、本当に完成度が高いので、それも納得ですね。。

関連:【絶妙】COMOLIの定番・コモリシャツをレビュー

 

気になる方は、入荷をチェックしたり、ブランド古着で探しているのがおすすめです。

CAMBER(キャンバー)カットソー

比較的手頃な価格で、本当に丈夫で質の高いTシャツが手に入る「キャンバー」。

キャンバーはアメリカのブランドで、創業以来「メイドインUSA」にこだわっています。

 

キャンバーの代表作が「マックスウェイト」と「ファイネスト」の2つ。

マックスウェイトは、8オンスの超肉厚な生地が特徴のカットソーです。

キャンバーのマックスウェイトTシャツの素材感

本当にタフで、ガンガン着用&洗濯しても全くヘタりません。

シルエット的にもゆとりがあり、今っぽい雰囲気。

キャンバーのTシャツのシルエット

生地は分厚いですが、シルエットがゆるめで風が通るので涼しく着られますよ。

Hiroshi
Hiroshi
僕は半袖を購入し、夏にはかなりの頻度で着ていますね。
かなり丈夫なので重宝しています。

また、最初は固めの生地感ですが、着込むとなじんで柔らかくなります。

関連:【買って損なし】キャンバーのマックスウェイトTシャツをレビュー

 

一方ファイネストは、マックスウェイトに比べると軽い生地感。

(それでも6オンスあるので十分厚く、透けることはないです)

肌触りもなめらかで、かつ程よいツヤがあるので、より大人っぽい印象です。

 

シルエットは、程よいゆるさのある感じです。

生地が綺麗に落ちてくれるので、上品に着られますね。

もちろんファイネストも丈夫なので、ガンガン着られますよ。

Hiroshi
Hiroshi
アメリカっぽいタフさと、アメリカっぽくない上品さの良いとこ取りのようなカットソーです。

着やすさを考えると、よりクセがなく万人受けするのはファイネストですね。

関連:【隠れた名作】キャンバー ・ファイネストのロンTをレビュー

 

ちなみに、価格はいずれも5,000円台です。

アメリカ製で長く着られることを考えると、かなり良心的な価格設定かと。

もっと安いTシャツもありますが、確実に早くダメになります。
価格・着られる回数を考えると、キャンバーの方がコスパが良いです。

 

コスパの良い・長く着られるTシャツを探している方には、キャンバーは超おすすめです。

(人気色は売り切れが早いので、お早めにチェックしてください)

CAMBER(キャンバー)
¥4,180
(2020/11/30 09:16:38時点 Amazon調べ-詳細)

フランス軍・M52チノパン・黒染め

フランス軍の名作チノパン・M52を黒に後染めしたこちら。

シルエットバランス・雰囲気などが最高で、購入してから非常に高い頻度で履いています。

 

M52と言えば、ツータック入り&股上深めの太いシルエットが最大の特徴です。

そのおかげで、絶妙なボリューム感のある独特なシルエットが生まれます。

さらに、黒に後染めすることでより洗練された印象に。

本来のカーキ色だと男臭さ・カジュアル感が強くなりますが、黒染めは上品な仕上がりに。

Hiroshi
Hiroshi
一気に履きやすくなりますね。
色味も「黒すぎない黒」なのでスタイリングを選ばず、モードからカジュアルまで対応できるでしょう。

ここまで使える軍パンは、他にはないでしょう…

 

フランス軍らしく作りも丁寧で、生地も程よい厚みです。

本当に使いやすくて、夏も冬もリアルに1年中履いています。

関連:フランス軍のM52チノパン・黒染めレビュー。使いやすい名作ヴィンテージ

 

ちなみに価格は15,000円ほど。

価格を考えたときのクオリティ・使いやすさは、本当に素晴らしいと断言できます。

 

しかし最近、M52は人気もあって数がどんどん減っており、価格が上がってきています

まだ1万円台で買えるので、気になる方はお早めにチェックしてください!

(値段が上がる=資産性もあるので、その意味でもおすすめです)

YAECA・チノパン

YAECA(ヤエカ)の名作の1つであるチノパン。

チノパンにもかかわらず、非常に上品な雰囲気で履けるのが魅力です。

 

生地はコットンツイル(チノクロス)。

ベーシックではあるものの、程よいハリがありつつ風合いが非常に良いです…

色味は品のあるカーキで、全体的にクリーンな雰囲気。

しかしウォッシュ加工をしているので、上品さはありつつもナチュラルな仕上がりです。

Hiroshi
Hiroshi
生地の肌触りも非常に良く、履き心地は抜群に良いですね。

 

シルエットはたくさん種類がありますが、僕は「タックテーパード」を履いています。

程よい太さのあるシルエット。

リラックス感はありつつ、上品さを損なわないバランスで履けますね。

Hiroshi
Hiroshi
フランス軍よりもかなりスッキリしている印象です。

 

他のブランドだと、カーキやベージュのチノパンはカジュアル感・男臭さが強くなる可能性があります。

しかし、YAECAはクリーンさがあるので、かなり履きやすく仕上がっているかと。

関連:【名作チノパン】YAECA(ヤエカ)・タックテーパードチノをレビュー

 

生地は薄すぎず厚すぎずで、季節を問わず使いやすい印象。

価格も19,000円と、ドメブラの中では手に取りやすい価格も魅力です。

nestRobe CONFECT ウールベスト

ネストローブコンフェクトが定番で出しているウールのベスト。

ジャケットのような、クルーネックのデザインが特徴的です。

 

素材は冬らしいウールモッサー生地。

軽くてあたたかいので、防寒性も高いです。

Hiroshi
Hiroshi
僕が選んだグレーは白い繊維が混じっていて、良い雰囲気が出ていると感じます。

 

また、単純にベストが入るとコーデに奥行きが出ます。

前述のロシア軍スリーピングシャツとのコーデ。

シャツ1枚に比べて、玄人っぽさが出ているかと思います。

 

もちろん上からアウターを羽織ってもOKです。

インナーダウン的な使い方ですが、冬らしいほっこりした素材感・クラシックな雰囲気が出ますね。

Hiroshi
Hiroshi
もちろん非常にあたたかいです。
また袖がない分、インナーに着たときの収まりも良いですよ。

【名作】nestRobe CONFECT・ウールベストのレビュー

 

価格は26,000円ほど。

秋冬の時期にかなり長く着られるので、これは本当に買ってよかったです…

TEATORA・デバイスコート

リネットでクリーニングしたコート

TEATORA(テアトラ)を代表する「デバイスコート」。

僕自身、このコートは3年ほど着ており、かなり気に入っている逸品です。

 

素材はナイロン100%。

リネットでクリーニングしたコート

ですが、特殊なオリジナルのナイロン素材を使っているので、ナイロン特有のテカテカした感じは一切ゼロ。

コットンのように肌触りが良く、シルクのようなハリや光沢のある生地感です

それでいて、ナイロンゆえに耐久性・防風性などは優れています。

 

デザイン的には、たっぷりしたリラックス感が特徴的。

今っぽい雰囲気で着られますが、一方でやりすぎたオーバーサイズではないので、非常に着やすいです。

 

また、薄手のナイロン素材は保温性はありませんが、着込む余裕は十分あります。

春や秋はもちろん、冬も中にインナーダウン等を着込めば十分対応できますよ。

Hiroshi
Hiroshi
実際に僕も、夏以外はかなりの頻度で着ていますね。
ナイロンなので耐久性もあり、扱いも非常に楽です。

 

さらにパッカブル仕様で、バッグに入るサイズまで小さくなります。

出典:http://1ldkshop.com/blog-depot/?p=9987

加えてポケットが多くついており、タブレットや充電器が入るなど、収納力も最強です。

【レビュー】TEATORAのデバイスコートはオールシーズン使える究極の逸品

 

総じて、デザイン・機能性を非常に高いレベルで兼ね備えたコートです。

価格は約8万円とお高めですが、確実に使えるので、ぜひおすすめしたいですね。

Hiroshi
Hiroshi
ブランド古着(中古)だと結構安く買えます。
かなり耐久性の高い服なので、ブランド古着でも全然アリだと思いますよ。

【ファッション】20代男子が買ってよかったもの・小物編

【ファッション】20代男子が買ってよかったもの・小物編

続いて、買ってよかったファッション小物・雑貨類を紹介します。

どれも比較的手頃な価格ですが、モノは間違いなく良いと自信を持って言えます

HenderScheme・tail belt

エンダースキーマのベルト(tail belt)

2019年の1月に購入した、エンダースキーマの「tail belt」。

tail belt はエンダースキーマが定番的に毎シーズン出しているアイテム。

 

普通のベルトに比べて細長いので、だらっと垂らして使うことができます。

シンプルなコーディネートの良いアクセントになってくれますよ。

エンダースキーマのtail beltは育てる楽しさを味わえるおすすめベルト【レビュー】

 

そしてこのベルトの最大の魅力が「経年変化」。

厚手のヌメ革を使っているので、使い込んでいくごとに劇的な経年変化を見せてくれるんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi(@footmuji)がシェアした投稿

こちらは僕が9ヶ月使った時点のものなのですが、かなり変化がありますよね。

自分で育てる楽しみが味わえるのも、エンダースキーマのベルトの唯一無二の魅力。

【経年変化】エンダースキーマのヌメ革ベルト”tail belt”(9ヶ月)

 

これからもずっと使っていき、自分の手でアンティークベルトを作る予定です。

価格も7,000円と手に取りやすいので、ぜひチェックしてみてください。

BACH BIKE2B(リュック)

BACHのリュックBIKE2B

2019年に購入した、BACH(バッハ)のリュック。

アイルランド発のBACHのリュックは、非常にモダンで都会的なデザインです。

 

それでいて、耐久性の高いコーデュラナイロンを使用する等、アウトドアブランドの水準のスペックを兼ね備えています。

 

僕が購入したBIKE2Bは、30Lの大容量ながらもスクエア型のスリムなシルエット。

タウンユースやビジネスにも使えます。

BACHのリュックBIKE2B

PCスリーブや内部のメッシュポケットディテールにもこだわっており、とにかく使い勝手が良いです。

BACHのリュックBIKE2B

(独立したPCスリーブ)

BACHのリュックBIKE2B

メッシュポケット

背負い心地も最高で、肩に負担がかかりにくいですし、フィット感も非常に良い感じ。

デザイン・機能性・使い勝手など、あらゆる部分で非常に水準が高いリュックですね。

 

容量的にも使える範囲が広く、ビジネス・タウンユース・旅行などに対応できます。

これから永く愛用していきたいと思っています。

【BACH BIKE2Bのレビュー】旅行からタウンユースまで使える万能リュック!

 

なお、このBIKE2Bは定価27,000円ほど。

スペックを考えると決して高くはないですが、Amazonや楽天で売っている並行輸入品ならば1万円くらいで買えます。

Hiroshi
Hiroshi
僕も並行輸入品を買ったのですが、このレベルのリュックが1万円は安すぎる…

 

なお、並行輸入は輸入ルートが違う(現地買い付けなど)だけで100%本物です。

手頃にゲットしたい方はぜひチェックしてみてください。

DIGAWEL カードケース

僕が3年以上愛用している、ディガウェルのカードケース。

シボ革のカーフレザーを使用しているので、非常にエレガントです。

 

また機能性も高く、内部には仕切りがあります。

僕が名刺入れとして使っているのですが、自分の名刺ともらった名刺を分けられるので非常に便利ですよ。

Hiroshi
Hiroshi
カードケース兼小銭入れ的に使っている人もいるみたいです。
汎用性も高いですね。

 

上品で男女問わず使えますし、特に手入れ不要で長く使えるのも魅力。

価格も8,000円くらいと手に取りやすいので、非常におすすめです。

HenderScheme pig bag

豚革を使用した、エンダースキーマのトートバッグ。

ナチュラルな雰囲気が魅力で、もう4年以上も愛用しています。

 

サイズ感はやや小さめで、日常使いしやすい感じ。

ですが意外と入りますし、作りも丁寧で耐久性も高いので、破れたりは一切ありません。

Hiroshi
Hiroshi
財布・スマホ・Kindle・モバイルバッテリー・カメラ等を入れます。
学生の頃は教科書などを入れてました。

使っていくうちに革がなじんで風合いも良くなっていきますよ。

 

やや小さめのバッグは、あると本当に重宝するはず。

pig bagは男女問わず使えて、スタイリングの雰囲気も良くしてくれるので、非常におすすめですよ。

ザ・イノウエブラザーズ アルパカマフラー

ベビーアルパカを使ったアイテムを展開する「ザ・イノウエブラザーズ」。

僕はイノウエブラザーズのアルパカマフラーを2年以上愛用しています。

 

このマフラーの素晴らしい点は、あたたかさ・肌触り・耐久性を兼ね備えている点です。

アルパカは「ウールの8倍あたたかい」と言われるほど、保温性の高い素材。

実際に使っていても本当にあたたかいですね…

Hiroshi
Hiroshi
それでいて、暑い時には熱を逃す性質もあるので、暖房の効いた建物に入っても全然ムレません。

 

さらに、軽い上に肌触りもなめらかで良好。全然チクチクしません

加えて、素材の強度も非常に高いので、ご覧のように全然毛玉ができません

Hiroshi
Hiroshi
カシミアは肌触りは良好ですが、デリケートゆえに毛玉ができやすういです。
しかし、アルパカはカシミアほどの滑らかさはないものの、本当に丈夫なので、日常的にガンガン使えます。

 

色味やボリューム感もとても良い感じ。

僕は大判タイプを使っていますが、かなりちょうど良いバランスでまとまってくれます。

色味も絶妙かつ上品なので、非常に使いやすいですよ。

【2年レビュー】イノウエブラザーズのストールは極上の逸品

 

イノウエブラザーズのマフラーは、1万円くらいから購入できます。

品質やコストパフォーマンスを考えると、他のブランドを買えなくなりますね…

THE INOUE BROTHERS(ザ・イノウエブラザーズ)
¥11,000
(2020/11/30 14:25:57時点 Amazon調べ-詳細)

無印良品・マスク

従来はファッションにあまり関係なかったですが、もはやマスクは顔の一部。

僕は無印良品の「繰り返し使えるマスク」を愛用しています。

 

このマスクは、布マスクながらも不織布のマスクのように見えるのが嬉しい。

ワイヤーが入っているおかげでフィット感も良好です。

無印の布マスクのフィット感

僕はすでに数ヶ月使っていますが、繊維が破れたりはなく

980円で2枚買えるので、めちゃコスパが良いですよ。

【3ヶ月使った】無印良品「繰り返し使える 2枚組・三層マスク」の口コミレビュー

 

色々なブランドがマスクを出していますが、価格やデザイン面で手が出しづらい部分もあります。

Hiroshi
Hiroshi
僕はどうしても黒いマスクをすることに抵抗があります…

無印のマスクは価格も見た目もかなり良い感じなので、ぜひチェックしてみてください。

【ファッション】20代男子が買ってよかったもの 靴・スニーカー編

【ファッション】20代男子が買ってよかったもの 靴・スニーカー編

最後に「靴・スニーカー」です。

すべて良質かつベーシックなものなので、使いやすい&長く履けますよ。

コンバース CT70

海外限定のコンバース・オールスターである「CT70」。

日本のオールスターに似ていますが、正直次元が違います

 

まずは見た目的な部分。

全体的に細身のシルエットで、かつソール等はオフホワイトの色味。

よりヴィンテージ感があり、めちゃカッコいいです…

Hiroshi
Hiroshi
サイドの当て布も含め、1970年代のオールスターである「チャックテイラー」を復刻しています。

 

また、履き心地も異次元。

日本にあるオールスターは、お世辞にも履き心地が良いとは言えないですよね。

でもCT70はソールがフカフカで、長時間履いていても本当に疲れません。

一度でもCT70を履いたら、普通のオールスターには戻れなくなります…

 

ちなみに「大人の事情」により、CT70は本来日本では買えません。

(一部の古着屋等には売っていますが、2万円以上もします)

Hiroshi
Hiroshi
海外だと8〜9,000円くらいで普通に売っています。笑

しかし、SSENSEやSneakersnstuffのような海外通販サイトを利用すれば、1万円くらいで買えます。

 

日本のオールスターとはレベルが違うので、多少高くてもCT70の方が満足度が高いはず。

【保存版】コンバース・CT70のサイズ感は?にて、買い方やサイズ選びを解説しているので、あわせてご覧ください。

アディダス スタンスミス

アディダスを代表する「スタンスミス」。

ミニマルなデザイン・上質なレザーによる上品な雰囲気が特徴的ですね。

Hiroshi
Hiroshi
僕自身、履きつぶす&買い換えるを繰り返し、10年くらい愛用しています。

 

ちなみに、スタンスミスは高級版と廉価版がありますが、断然高級版がおすすめ。

スタンスミスのシューレース(靴紐)を交換

高級版は、オールレザーで上品に履ける上、シルエットも細身でカッコいいです。

ソールもヴィンテージ感のあるオフホワイトで、洗練された印象がありますよ。

廉価版はレザーの質もあまり良くなく、シルエットもややボテっとしています。
ソールとアッパーの色も同じで、メリハリもあまりありません。

5,000円程度の価格差はありますが、それ以上に満足度が変わるはず。

【知らないと損】2種類のスタンスミスの違い【オリジナル・ABCマート限定】

 

なお、スタンスミスのサイズ感については【要注意】スタンスミスのサイズ感は?にて詳しく解説しています。

白スニーカーならスタンスミスで間違いないので、ぜひチェックしてみてください。

アディダス Campus80’s

アディダスの隠れた名作スニーカーの「キャンパス」。

3本線のみのシンプルなデザイン、ヌバックレザーを使ったレトロな雰囲気が特徴です。

Hiroshi
Hiroshi
キャンパスも4年ほど愛用しています!

 

キャンパスはシルエットがシュッとしていて、かなり使える幅が広いスニーカー。

特に太いパンツとの相性は抜群ですね。

僕もよくフランス軍チノに合わせて履いています。

Hiroshi
Hiroshi
キャンパスは大人っぽく履けるスニーカーなので、非常に使いやすいですよ。

 

ちなみにキャンパスは、2020年秋冬から復刻モデルの「キャンパス80’s」が復活しました。

アディダスのキャンパスのサイズ感は?にてサイズ選びを解説しているので、ぜひご覧ください。

adidas(アディダス)
¥10,450
(2020/11/29 18:57:43時点 Amazon調べ-詳細)

【2020年最新】20代メンズが買ってよかったファッション関連のもの・まとめ

20代メンズが買ってよかったファッション関連のもの・まとめ

20代ミニマリスト男子の僕が、本当に買ってよかったファッションアイテムを紹介しました。

(長くなってしまい、申し訳ありません…)

 

中には金額が張るものもあったと思います。

しかし、汎用性が高い&長く使えたり、価格以上の満足度をくれるアイテムばかりです。

費用対効果・コストパフォーマンスで見ると、全てのアイテムが優れていると心から思います。

なので、どれを買っても失敗はないかと思いますね。

 

本記事が少しでもお買い物の参考になれば幸いです。

気になるものがあれば、ぜひチェックしてみてください!

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間23万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
Amazonセール開催中
ミニマリストの愛用品

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です