ミニマルライフ

20代ミニマリスト男子が買ってよかった愛用品32選【Amazonで買える】

こんにちは。ヒロシです。

持ち物を厳選し、お気に入りのものだけで暮らす「ミニマリスト」。

このブログを書いている僕もミニマリスト志向であり、本当に気に入ったもの以外は絶対に買いません。

また、購入してもしっくりこなかったアイテムは手放してしまうので、身の回りには大好きなアイテムばかり。

 

そんな僕の元には、たまに以下のような質問が届きます。

読者さん
読者さん
ミニマリストのヒロシさんはどういうものを愛用しているのですか?

そこで本記事では、ミニマリストの僕が「買ってよかった」「これは手放さない」と心から思っている愛用品をご紹介していきます。

なお、Amazonや楽天で買えるアイテムのみ記載しているので、少しでもお買い物の参考にしていただけたら幸いです。

【服・ファッション編】ミニマリストが買ってよかった愛用品

服などのファッションアイテムについては、シーズンものの場合が結構あります。

いくら良いものであっても手に入りにくいのでは意味がないので、以下ではブランドが毎シーズン定番で作っている服のみ紹介します。

Hiroshi
Hiroshi
とはいえ、僕の愛用している服はほとんどが定番品で、Amazonや楽天でも手に入りやすいものばかりです。

愛用品①:テアトラ デバイスコート

1つ目が、テアトラの「デバイスコート」です。

ガバッとした大判のコートで、生地の揺れ方やシルエットが本当に美しいので、1枚羽織るだけでコーディネートが完成します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi(@footmuji)がシェアした投稿

素材はハリやコシのあるナイロン素材。

テアトラのデバイスコートの生地

かなり軽いので春や秋でも着やすく、また風に強い素材ということもあって着込めば冬でも対応できるので、オールシーズン使うことができます。

 

価格的には約8万円とかなり高額。

ですが、合わせる服を選びませんし、また着られる時期が長いので、長い目で考えるとコスパが悪いわけではありません。

実際に僕はデバイスコートが好きすぎて、2年以上にわたって春・秋・冬の3シーズン着ています。

【レビュー】TEATORAのデバイスコートはオールシーズン使える究極の逸品

TEATORA/テアトラ:Device Coat packable:メンズ デバイスコート
TEATORA [テアトラ]

愛用品②:ノースフェイス コンパクトジャケット

ノースフェイスのコンパクトジャケット

コンパクトジャケットは、ノースフェイスの定番的な商品。

合わせやすいデザインなのでカジュアルスタイルはもちろん、通勤の際の羽織りとしても使えます。

Hiroshi
Hiroshi
色味や質感がマットな感じなので、スポーティーになりすぎないのがポイントです。

 

またパッカブル仕様なので、エアコンの効いた夏の室内や旅行先でも活躍すること間違いなし。

ノースフェイスのコンパクトジャケット

肌寒いときにサラッと羽織れば、お手軽に体温調節ができますよ。

 

価格的にも1万円ちょっとと手に取りやすいのも魅力。

コンパクトジャケットがあれば本当に幅広いシーンに対応できるので、非常に頼りになる1枚です。

汎用性や合わせやすさなどの観点から、ミニマリストの人には超おすすめですよ。

ミニマリスト向け・最強のマウンテンパーカーを1着紹介する【メンズ・レディース】

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)
¥11,200
(2020/04/04 19:14:43時点 Amazon調べ-詳細)

愛用品③:セントジェームス ウエッソン

セントジェームスのウエッソン

フランスの名門ブランド「セントジェームス」。

ウエッソンは超がつくほどの定番カットソーで、厚手の生地感・ボートネック・9部袖が特徴的なバスクシャツです。

セントジェームス ・ウエッソンのレビュー。サイズ感や縮み、失敗しない選び方は?

 

春夏は1枚でサラッと、秋冬はインナーにシャツを合わせて着られます。

セントジェームスのウエッソン

また素材がめちゃ丈夫で、着用や洗濯を繰り返してもへたらない上、風合いがどんどん増していくので愛着も湧いてくる1枚です。

 

価格は1万円ほどとカットソーにしては高いものの、インナーでも1枚でも着られる上、デザイン的にも耐久性的にもとにかく長く愛用できます。

定番のボーダーや使いやすい無地などバリエーションも豊富ですので、ぜひお気に入りのウエッソンを見つけてください!

愛用品④:DIGAWEL 白シャツ(STANDARD SHIRT)

digawel4のstandard shirt

僕の白シャツ選びはこれで完結した

そう思えるくらいの完成度を誇るのが、ディガウェルのSTANDARD SHIRTです。

 

digawel4のstandard shirt

小さめの襟やカフスによるミニマルなデザイン、少しゆるい身幅と短めの着丈による絶妙なリラックス感が特徴的で、とにかくカッコいい。

白シャツはベーシックなアイテムですが、ディガウェルは程よく個性が効いているので、物足りなさが一切ありません。

 

ちなみに僕は、春や秋は1枚でサラッと、冬はインナーに、夏はショーツに合わせて着ています。

壊れるまで着倒したい、そして壊れたら同じものを買いたい、そう思えるくらいの名品白シャツです。

【最高の白シャツ】DIGAWEL STANDARD SHIRTのレビュー【2年着用】

愛用品⑤:FIRMUM ワイドテーパードデニム

FIRMUMのデニムパンツ

超絶ミニマルでカッコいい、FIRMUMのデニムパンツ。

デニムパンツ(ジーンズ)は基本的にカジュアルなアイテムですが、FIRMUMはとにかく上品。

 

スラックスのようなスラッシュポケットを採用するとともに、ステッチをグレーで統一しているので、かなり洗練された雰囲気で履けるんです。

ミニマリスト向けのFIRMUMのジーンズ

 

また、生地は厚すぎず薄すぎない13オンスのデニム素材。

季節を問わず履ける上、履き込んでいくと色落ちも楽しめるので、育てながら長く愛用することができます。

 

なお、太め〜細めまで4種類ほど型がありますが、いずれもシルエットがかなり綺麗。

僕はワイドテーパード型を履いていますが、スリムテーパード型はとにかくスマートで美しいので、あらゆる方におすすめできます!

ミニマリストのジーンズはFIRMUMがおすすめ。超ミニマルでカッコいい

愛用品⑥:ロシア軍 スリーピングシャツ

ロシア軍(旧ソ連軍)が1970年代に着ていたスリーピングシャツ。

スリーピングシャツという名前のとおり、軍人さんが寝るときに来ていた「パジャマ」です。

Hiroshi
Hiroshi
「パジャマ」なので肌触りが気持ち良く、着心地が抜群に良いのが嬉しい。

 

ノーカラーのプルオーバーシャツというのがかなり今っぽくて、シルエットもゆるめなのでリラックス感のある着こなしができます。

ミリタリーアイテムの割にクセがなく、あらゆるスタイリングになじんでくれる名品です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroshi(@footmuji)がシェアした投稿


なお、ロシア軍のスリーピングシャツはかなり人気で、全体的に数が減ってきているそう。

なので、気になる方はぜひお早めにチェックするのがおすすめです。

【コーデあり】ロシア軍・スリーピングシャツを徹底レビュー【注意点も】

愛用品⑦:alvana スウェット

alvanaのスウェット"daily crew tee"

今まで着てきた中でNo.1のスウェットがalvana(アルヴァナ)です。

柔らかくて軽く、かつ程よいツヤのある生地が本当にすばらしい。

また、さらにすごいのが「裏地」で、1つ1つの繊維が長く、とにかくふっくらとしているので、素肌に触れても気持ちが良いほどなんです…

alvanaのスウェット"daily crew tee"

 

シルエット的にも程よいオーバーサイズで、年齢問わず着やすい印象。

alvanaのスウェット"daily crew tee"

首元のリブは詰まっていて存在感がある一方、袖やスソのリブはゆるめで生地がしっかり落ちてくれるので、こなれた印象になります。

 

なお、こちらのスウェットについては動画でも話しているので、合わせて見てみてください。

シルエットの良さ、生地の質が本当にすばらしいので、他のスウェットを着られなくなるレベル。

価格も16,000円と、他のドメスティックブランドに比べて手頃なのも嬉しいです。

【レビュー】新鋭ブランド”alvana”のスウェットが最高だった【別次元の着心地】

愛用品⑧:ザ・イノウエブラザーズ アルパカストール

冬の首元を彩ってくれるマフラー・ストール。

僕は「THE INOUE BROTHERS」のアルパカストールを愛用しています。

 

アルパカは、高い耐久性と保温性を兼ね備えた素材。

毛玉ができにくい上、首元をしっかりと温めてくれます。

 

イノウエブラザーズのストールは、生後3ヶ月未満もベビーアルパカを使用しており、肌触りがめちゃくちゃ良いのが特徴的。

膨らみの少ない生地なので、ボリュームが出すぎることもなくめちゃ使いやすいです。

色味もかなり良い感じで、ジワッとした程よいツヤのあるブラウンも良いアクセントになってくれます。

 

アルパカという高級素材を使っているのに、イノウエブラザーズは1万円くらいから買えますので、ぜひチェックしてみてください。

【レビュー】超高品質。THE INOUE BROTHERSのアルパカストールがとにかくおすすめ

愛用品⑨:シックストックス 靴下

コーディネートの一部として使える、シックストックスの靴下。

程よいアクセントになってくれるデザイン性が魅力的で、靴下を「消耗品」ではなく「ファッションアイテム」として楽しめます。

他の靴下を履けなくなる!シックストックスの極上の靴下をレビュー【デメリットあり】

 

こんな感じで合わせてあげると、足下に良いアクセントが生まれますよ。

 

靴下の名産地である奈良県発のブランドということもあって、履き心地も最高。

裏地がタオルのような「パイル地」になっており、蒸れたりすることのない快適な履き心地です。

 

一足で約2,000円と、価格はかなり高いので、「おしゃれ用」の靴下として考えるのがおすすめです。

バリエーションもかなり豊富なので、お気に入りの一足が見つかりますよ。

CHICSTOCKS(シックストックス)
¥1,980
(2020/04/03 20:19:29時点 Amazon調べ-詳細)

愛用品⑩:HenderScheme tail belt(ベルト)

エンダースキーマのベルト(tail belt)

厚手のヌメ革を使った、エンダースキーマのベルト。

幅は細身ですが、かなり長めのつくりになっているので、だらんと垂らすことでコーディネートのアクセントとして使えます。

エンダースキーマのtail beltは育てる楽しさを味わえるおすすめベルト【レビュー】

 

また、ヌメ革ということで「経年変化」を楽しめるのも魅力の1つ。

最初はプレーンな色味ですが、使い込んでいくと色味がどんどん濃くなっていきます。

質感としてもクタっと柔らかくなりますよ。

【経年変化】エンダースキーマのヌメ革ベルト”tail belt”(9ヶ月)

 

価格も7,000円とそこまで高額ではなく、手の取りやすさも魅力的。

1つのベルトを育てながら長く愛用したい方にとっては間違いなくハマりますので、是非チェックしてみてください。

Hender Scheme(エンダースキーマ)
¥7,700
(2020/04/04 10:35:00時点 Amazon調べ-詳細)

【靴・シューケア編】ミニマリストが買ってよかった愛用品

靴に関しては、僕は普遍的な定番シューズ数足を長年にわたって履き回していくタイプ。

いま持っている靴は、いずれも数年以上履いているお気に入りです。

愛用品①:ジャランスリワヤの革靴(プレーントゥ)

ジャランスリワヤのプレーントゥ

インドネシアのシューブランドである「ジャランスリワヤ」。

3万円台ながらも、本格的な英国靴の作り・デザインが魅力的な革靴です。

ジャランスリワヤの革靴は本当にコスパが良い?魅力や実力、店舗をまとめた【2足所有】

 

僕が愛用しているのは「98651」という品番のプレーントゥシューズ。

ジャランスリワヤのプレーントゥの革靴

ちょっと丸みのある「エッグトゥ」が特徴的な、ジャランを代表するモデルです。

装飾のないプレーントゥなのでスーツスタイルはもちろん、カジュアルでも履ける万能型で、3年以上も愛用しています。

【レビュー】Jalan Sriwijaya 98651 EDWARD ラスト(プレーントゥ)

 

ヒールは2回ほど交換していますが、ソールはまだ。

これからもメンテナンスを繰り返しながら、ずっと愛用していきたいと考えています。

Hiroshi
Hiroshi
ジャランスリワヤについては動画でも話しているので、あわせてご覧ください!

JALAN SRIWIJAYA(ジャランスリウァヤ)
¥39,600
(2020/04/04 02:02:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみに僕はジャランのUチップの革靴も持っていて、プレーントゥとともに履き回しています。

愛用品②:adidas originals スタンスミス(スニーカー)

スタンスミスのシューレース(靴紐)を交換

「世界一売れたスニーカー」として名高い、アディダスのスタンスミス。

オールホワイトの配色が抜群にクリーンで、「白い革靴」のような上品さを誇る名作です。

僕はスタンスミスが大好きで、履き潰しては買い替えを繰り返し、10年ほど愛用しています。

 

クラシックながらも洗練された雰囲気のあるスタンスミスは、コーディネート全体をキレイにまとめてくれる名品。

スタンスミスのシューレース(靴紐)を交換

履き込んでいくと、レザーも徐々に味が出てカッコよくなるのも魅力です。

 

ただ、スタンスミスは定番ゆえに「被りやすい」のが欠点だったりしますが、靴紐交換やお手入れによって差別化を図ることもできます。

(以下の記事をご参照ください)

 

(この点については動画でも話しています)

 

定番であるスタンスミスも、自分なりの方法で周りとの差別化を図っていくとより楽しみながら履くことができます。

足下から上品さを演出してくれる定番スニーカーとして、非常におすすめの逸品です。

愛用品③:adidas originals Campus(スニーカー)

アディダスのキャンパス80s

アディダスのキャンパスも僕が3年以上愛用しているスニーカー。

スタンスミスやスーパースターには知名度こそ劣りますが、魅力では全く劣らない、知る人ぞ知るアディダスのクラシックスニーカーです。

アディダスのCampusはどんなコーデにも合う万能スニーカー【おすすめ】

 

アディダスの3本線が効いた、ややストリートライクなデザイン。

アディダスのキャンパス80s

しかし、ヌバックレザーによる落ち着いた雰囲気があるので、あらゆるコーディネートに馴染ませやすいです。

全体的なシルエットも細身で、非常にスタイリッシュな雰囲気があります。

 

「スタンスミスだと少しキレイすぎる、スーパースターだとストリートが強すぎる…」と言う方にぜひおすすめしたいキャンパス。

「迷ったらキャンパス」でOKといえるくらい汎用性が高いので、一足あると間違いなく重宝しますよ。

愛用品④:SUICOKE PADRI(サンダル)

スイコックのパドリ

僕が愛用しているサンダルは、スイコックのPADRI(パドリ)というもの。

シャワーサンダルのような形なのですが、カジュアルになりすぎず、上品さ・モードさをも感じられるデザインが魅力的です。

夏は装いが軽くなりがちですが、足下を程よく引き締めてくれます。

 

コンフォート型のサンダルながらも、履き心地も抜群。

スイコックのサンダルのフッドヘッド

ご覧のように、フッドヘッドに立体的なデコボコがあり、フィット感を高めてくれているんです。

ソールは歩きやすさに定評のあるビブラムソール。

さらに、ダブルソールになっているので、ソール自体は薄めながらもクッション性が抜群で歩きやすいです。

スイコックのソール

 

あらゆるスタイリングになじむ汎用性、そして長時間履いても疲れにくい実用性を兼ね備えたスイコックのサンダル。

僕の夏の足元を支えてくれる名品です。

1年履いたSUICOKEのサンダル (padri)をレビュー【サイズ感・履き心地

愛用品⑤:ジェイソンマーク(お手入れ用品)

ジェイソンマーク

最後はシューケア用品です。

汚れたスニーカーをピカピカにしてくれる「ジェイソンマーク」。

 

どんな素材のスニーカーでもキレイにしてくれるので、ひとり1つは持っておくべきだと本気で思っています。

また、レザーでも素材を傷めることがないので、安心して使うことができます。

 

その実力については以下の記事で検証しているので、ぜひご覧ください。

JASON MARKKで白スニーカー(スタンスミス)を洗ってみた!【驚愕の洗浄力】

JASON MARKK(ジェイソンマーク)
¥2,200
(2020/04/03 23:52:02時点 Amazon調べ-詳細)

愛用品⑥:グロッシーシュ シューツリー

Amazonの木製シューキーパー

消臭や殺菌、型崩れ防止効果がある「シューツリー」は革靴を長く履くためには欠かせないアイテムです。

こちらはAmazonで2,000円台で購入できる木製シューツリーなのですが、かなり良い感じで愛用しています。

 

立体的なつくりでフィット感がかなり良く、靴の形をしっかりキープしてくれます。

Amazonの木製シューキーパー

レッドシダーの香りも良い感じで、ニオイや菌をしっかり抑えてくれます。

 

僕はもともと無印良品のシューツリーを使っていましたが、Amazonで買えるグロッシーシュの方がフィット感が圧倒的に良いです。

【3年使った】無印良品のシューキーパーのレビュー【Amazonとの比較も】

そのほかの部分でも十分に満足のできる商品なので、手頃な価格のシューツリーを探している方には超おすすめ。

【バッグ編】ミニマリストが買ってよかった愛用品

僕が愛用しているバッグは3つ。

リュック・トートバッグ(大きめ)・トートバッグ(小さめ)があり、それぞれを荷物の量や気分に応じて使い分けています。

ミニマリスト男子のバッグは3つ!中身も公開【7つの持ち物リスト】

愛用品①:BACH BIKE2B(リュック)

BACHのリュックBIKE2B

僕が愛用しているリュックは、BACHのBIKE2Bというもの。

30Lのやや大きめサイズで、タウンユースから旅行まで幅広いシーンで使えます。

【BACH BIKE2Bのレビュー】旅行からタウンユースまで使える万能リュック!

 

ミニマルなデザインに加え、縦長のスクエア型のフォルムもカッコいい。

BACHのリュックBIKE2B

シルエットもよく、都会的な印象がかなり気に入っています。

 

内部もかなり使いやすいのも特徴。

BACHのリュックBIKE2B

メインコンパートメントはガバッと開くので物の出し入れがしやすい上、メッシュポケットが2カ所もあり、荷物を分けて収納できます。

もちろんPCスリーブもありますよ。

 

それでいて、素材は耐久性・耐水性にすぐれた「コーデュラナイロン」。

背負い心地も申し分なく、かなりスペックが高いです。

モダンなデザインとアウトドアブランドのような機能性がミックスされた、僕のお気に入りリュックです!

 

なお、定価は約3万円ですが、Amazon等にある「並行輸入品」ならば、15,000円弱で購入できます。

Hiroshi
Hiroshi
もちろん僕も並行輸入品を購入しました。

1万円台で買えるリュックとしては間違いなく最高峰。

良いリュックを探している方には超おすすめです。

愛用品②:MAISON KITSUNE トートバッグ

メゾンキツネのトートバッグ

フランスのブランド「メゾンキツネ」のトートバッグ。

大きさもデイリーユースにちょうどよく、程よく主張するブランドロゴが良いアクセントになってくれます。

 

生成りっぽい色味で、ナチュラル感のあるコットンキャンバス素材も良い感じ。

メゾンキツネのトートバッグ

最初はやや固めでしたが、使い込んでいくうちに徐々に風合いが出て、やわらかくなっていきます。

 

ロゴトートって好みが分かれるかもしれませんが、キツネならばフレンチテイストが感じられて良い感じですし、そこまで主張が強くないので使いやすいです。

こちらも並行輸入品ならば5,000円くらいで買えますので、コーディネートのアクセントになってくれるトートを探している方にはかなりおすすめ。

【MAISON KITSUNEのトートバッグ】ブランド物の並行輸入品を買う際に注意すべきポイント

MAISON KITSUNE(メゾン キツネ)
¥5,780
(2020/04/03 20:19:32時点 Amazon調べ-詳細)

愛用品③:HenderScheme pig bag M(トートバッグ)

浅草発の人気レザーブランドの「エンダースキーマ」。

こちらの「pig bag」は毎シーズンリリースされるブランドの定番品で、僕も3年以上愛用しています。

 

ピッグスウェードの絶妙な色合い・風合いが本当にカッコよく、シンプルなコーディネートに合わせると良い感じに映えます。

また薄手の素材にもかかわらずかなり丈夫で、重い荷物を入れても安心。

Hiroshi
Hiroshi
僕は大学時代、ポケット六法(一般的な辞書と同じくらいのサイズ・重さ)を入れてこのバッグで通学していましたが、全く問題なく使えていました。

 

サイズ感としては小さめなので、荷物が少ないときには大活躍。

実用性が高いのみならず、コーディネートの一部としても使えるので、本当におすすめです。

エンダースキーマのpig bag は使い心地・デザイン性ともに最高の逸品

Hender Scheme(エンダースキーマ)
¥13,200
(2020/04/03 20:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

【ガジェット編】ミニマリストが買ってよかった愛用品

次はガジェットです。

僕はもともと特別ガジェット好きというわけではないのですが、ブログとYouTubeをやっているので、少しずつガジェットにも興味が湧くように。

もちろん必要以上に買うことはないので少なめですが、僕が愛用しているガジェットをご紹介していきます。

愛用品①:第2世代 Soundcore Liberty Neo(ワイヤレスイヤホン)

Ankerのワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty neo」

僕が毎日使っているワイヤレスイヤホン。

コードの煩わしさを配したワイヤレスイヤホンの中ではかなり安めの5,000円以下で買えるにもかかわらず、音質や接続がかなり良好です。

第2世代 Soundcore Liberty Neoのレビュー。ちょうど良いコスパ最強イヤホン

電池持ちの良さもポイント。

Ankerのワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty neo」

イヤホン単体で5時間、ケース充電を含めると20時間ほども連続再生ができるので、充電を忘れがちな僕も安心して使えるんですよね。

 

コンパクトで軽い設計なので使い心地もよく、PCで作業をするときから運動をするときまでヘビロテしています。

コスパのよいワイヤレスイヤホンを探している方には、まずおすすめしたい逸品です。

Soundcore
¥4,999
(2020/04/04 06:20:32時点 Amazon調べ-詳細)

愛用品②:Anker PowerCore Essential 20000(モバイルバッテリー)

スマホ類の充電をする上で欠かせないモバイルバッテリー。

僕が愛用しているのはAnkerの「PowerCore Essential 20000」です。

【失敗談あり】Anker PowerCore Essential 20000のレビュー【大容量モバイルバッテリー】

 

こちらのモバイルバッテリーはとにかく大容量。

これ1つで、僕の使っているiPhone8ならば5回以上はフル充電できてしまいます

僕は本体の充電を忘れがちなのですが、PowerCore Essential 20000ならば本体の容量がスゴすぎるので、マジで使い勝手が良いです。

Hiroshi
Hiroshi
容量の小さなモバイルバッテリーを使っていた時は、本体の充電を忘れて使い物にならないことが結構ありましたが、こちらに変えてからはそれがなくなりました。

 

超大容量にもかかわらず、価格は4,000円以下。

ちょっとデカいですが、コスパの良いモバイルバッテリーを探している方には、間違いなくおすすめです。

Anker
¥3,999
(2020/04/04 07:02:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

※PCの充電もしたい方は、「PowerCore Essential 20000 PD」にしてください!

Hiroshi
Hiroshi
僕は勘違いして「PD」じゃない方を買ってしまったのですが、PDじゃなくても使い勝手が良いのでまぁいいかなと思い、使い続けている感じです。
Anker
¥5,999
(2020/04/03 20:19:33時点 Amazon調べ-詳細)

愛用品③:Kindle Paperwhite(電子書籍)

kindle paperwhite

本は電子書籍で読むことが多いので、Kindleを使っています。

電子書籍はどこでも気軽に本を読むことができますし、本を買ってもスペースを取らないので良いですね。

 

サイズ感もちょうどよく、また持ちやすいのでかなり重宝しているアイテム。

ちなみに僕は、Kindle Unlimitedと契約してKindleをかなり使い倒しています。

Hiroshi
Hiroshi
Kindle Unlimitedは月額980円で対象本が読み放題になる、本好きにはたまらないサービスです。

今までは読まなかったような本にも手を出しやすくなり、普段とは違った読書の仕方を楽しむことができます。

 

Kindleがあれば、重い本を持ち歩く必要はありません。

読書好きの人にとっては間違いなく重宝すると思いますよ!

愛用品④:MacBook Pro 13inch(パソコン)

ミニマリストのMacBook

僕が愛用するPCは、MacBook Proの13インチ(2018年版)です。

なぜMacかというと………

カッコいいから!

PCは毎日使うものですから、カッコよくてテンションが上がるものを選ぶべきだと思っております。

 

ただ、もちろんカッコいいだけではありません。

流れるようなトラックパッドは操作性抜群ですし、画質も非常に美しい。

また、持ち運びしやすい13インチながらも、Premiere Proによる動画編集・PhotoShopによる画像編集などの重めの作業までできます。

ブログ・YouTubeの動画編集・そのほかの仕事まで、これ1台で全て行えるので、僕の相棒となっていますね。

 

使用歴は1年ほどで、価格は17万円ほどと結構高めでしたが、デザイン・使いやすさともに大満足のPCです。

Apple(アップル)
¥153,780
(2020/04/03 20:07:34時点 Amazon調べ-詳細)

【暮らし編】ミニマリストが買ってよかった愛用品

「暮らし編」では、快適なライフスタイルを実現する上で欠かせない、買ってよかったアイテムをご紹介していきます。

愛用品①:KINTO トラベルタンブラー

タンブラーは、KINTOのトラベルタンブラーを2年以上愛用しています。

ミニマルなデザインがカッコいいですし、保温・保冷機能が本当に高いので、飲み物を美味しく飲むことができます。

Hiroshi
Hiroshi
僕はいつもスタバに持っていって、あたたかいコーヒーをKINTOのタンブラーに入れてもらっています。

 

マグカップのような感覚で飲めるよう設計されていて、360度どこからでも飲めるので、飲み心地はかなり良好。

中央がしっかり塞がっているので、中の飲み物が一気に出てくる心配もありません。

【デメリットあり】KINTO トラベルタンブラーをレビュー。ミニマル&機能的でおすすめ【2年使用

 

飲み物を持ち運ぶ際には間違いなく重宝するKINTOのタンブラー。

飽きのこないミニマルなデザインと機能性の水準がいずれも高く、どんなシーンでも使えるので、1つ持っておいて損はありません。

愛用品②:Safuji キー付きミニ財布

ミニマリストにおすすめの財布①safuji

キーケースほどの大きさながらも、お札・小銭・カード・鍵を1つに収納することができる、Safujiのキー付きミニ財布。

キャッシュレス時代に最適なサイズ感・機能性の財布で、毎日愛用しています。

【レビュー】Safujiのキー付きミニ財布は機能的で美しい逸品

 

内部をあけるとお札と小銭が収納できるようになっています。

Safujiのキー付きミニ財布

中央に小銭を入れ、お札はスルッとスライドさせる感じです。

 

カードは外側のポケットに収納。

財布を開けることなくカードだけを取り出せるので、かなり使い勝手が良いです。

Hiroshi
Hiroshi
僕のようにカード決済が中心の方にとっては、間違いなく使いやすいですよ。

 

使いやすさはもちろんのこと、エイジングが楽しめるブッテーロレザーを使っているのもポイントで、革を育てながら長く愛用できます。

【ブッテーロレザーのエイジング】Safujiのミニ財布(1年)。驚愕の経年変化をご覧あれ!

(YouTube動画もあるので、ぜひご覧ください)

 

機能性的にも革の品質的にも、長く重宝すること間違いなしのSafujiのミニ財布。

キャッシュレス中心の生活を快適に過ごしたい方には、非常におすすめです。

愛用品③:CLAYTON FRANKLIN CF-622(メガネ)

目の悪い僕は、メガネが毎日手放せません。

僕が愛用しているのは「クレイトンフランクリン」のメガネ。

CLAYTON FRANKLIN CF-622はクラシックで洗練された雰囲気の最高のメガネ

 

洗練されたメタルのボストンフレーム、やさしい印象のある茶色のテンプルのバランスがとても気に入っています。

また、細身のメタルフレームにもかかわらず、度の強い人でも違和感なくかけられる工夫がとても良い感じ。

(その秘密を知りたい方は以下の動画でどうぞ!)

 

かけ心地も良好で、軽くてとても柔らかいです。

フィット感も抜群で、毎日でもかけたくなる一本ですね。

 

メガネは単なる視力矯正の道具ではなく、こだわりのメガネをかけることで、毎日の気分を上げることだってできます。

このクレイトンのメガネは、僕の中では「視力矯正」以上の意味を持つ最高のメガネ。

これからも長く愛用していきたいです。

愛用品④:HenderScheme toco bookcover(ブックカバー)

先ほどは「Kindleで本を読んでいる」と書きましたが、僕は紙の本も大好き。

特に、ずっと手元に置いておきたいと思うような小説は、あえて紙の本を選んだりします(写真の深夜特急はまさにそれです)。

 

とはいえ、紙の本を裸で読むのは味気ないですし、周りの人から読んでいる本が分かってしまうのが少し恥ずかしかったりします。

そんな時に重宝するのが、エンダースキーマのブックカバーです。

 

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

このブックカバーには「床革」が使われています。

「床革」とは革の厚みを調整する際に削ぎ落とされた革のこと。

普通は捨てられてしまうのですが、エンダースキーマはそれを再利用して新しく生まれ変わらせています。

 

エンダースキーマのブックカバー(tocobookcover)

色ムラや細かな傷などによるナチュラルな風合いがすばらしく、独特の雰囲気があります。

素材的にはやわらかくて触り心地は良好なのですが、革自体にはある程度厚みがあるので、本をしっかり守ってくれるのも嬉しい。

新たな息吹。エンダースキーマのブックカバー “toco book cover”が素敵【レビュー】

 

読書経験をより楽しくさせてくれる、エンダースキーマのブックカバー。

紙の本を読む時間に彩りを与えてくれますよ。

愛用品⑤:服のミスト

服のケアには「ファブリーズ」や「リセッシュ」を使っている人も多いと思いますが、この類のスプレーには強力な化学成分が含まれています。

Hiroshi
Hiroshi
生地を傷めたり、シミができたりする可能性がありますし、別に汚れ自体を落とすものではないので、服に使うのはやめた方が無難です。

 

一方、服のミストならば服を傷めることなく、ニオイやシワを取り、静電気を予防してくれます。

そのため、家で洗濯できない服・1回着ただけでは洗わない服のケアに最適です。

【ファブリーズは危険です】服のケアには「服のミスト」がおすすめ

 

価格的にもかなり手頃なので、かなり重宝しています。

もちろん定期的なクリーニングは必須ですが、日常的な服のケアをするのに超おすすめです。

愛用品⑥:M.モゥブレィ デリケートクリーム

M.モゥブレイのデリケートクリーム

レザーのケアをするのに欠かせないのが、M.モゥブレィのデリケートクリームです。

革を保湿してひび割れから守ってくれるとともに、革に栄養を与えてくれます。

財布も革靴もOK!M.モゥブレイ・デリケートクリームの使い方【塗りすぎNG】

 

質感としては、水分が多くてサラッとしているのが特徴的。

M.モゥブレイのデリケートクリーム

無色透明ですし、スッと革になじんでくれるので、どんな革製品のケアにも使えます。

Hiroshi
Hiroshi
ちなみに僕は、革靴・スニーカー・ベルト・財布など、全ての革製品のケアに使っていますよ。

 

使い方も簡単で、指で塗ってそれを布で伸ばせばOKです。

おそらく、多くの方が何かしらの革製品を持っていると思いますので、そのアイテムをケアして長く使うためにも、ぜひ1つ持っておきましょう。

【スキンケア編】ミニマリストが買ってよかった愛用品

今では、男性といえどもスキンケアをするのが当たり前になりつつある時代。

肌が綺麗な方が印象が良いですし、また肌荒れしているとテンションが下がるので、日々を明るく過ごすのも難しくなります。

以下では、僕が愛用しているスキンケア用品をご紹介していきます。

愛用品①:Philips 5000シリーズ 電気シェーバー

僕はもともとT字カミソリを使ってヒゲを剃っていました。

でも、カミソリは顔の地肌ごと削ぎ落としてしまう危険性があります。

実際に僕も、T字カミソリでヒゲを剃っているときに肌を切ってしまい、それが原因で肌が荒れるように。

そこで手にしたのが、こちらのフィリップスの5000シリーズです。

 

フィリップスのシェーバーは、とにかく肌にやさしいです。

ヒゲを剃っている中で肌を切ることがなくなったので、それ以来ずっと愛用しています。

5000シリーズは5,000円ほどで買えるエントリーモデルですが、2年以上問題なく使えていますよ。

 

防水機能がついているので、水洗いOKなのもポイントです。

ヘッドが開くので、ヒゲが溜まってきたら洗い流せばOK。

清潔感を保ちながらヒゲを剃ることができます。

 

まぁ深剃りがあまりできないのはデメリットかもですが、僕はヒゲが薄い方なのでさほど問題ではありません。

コストパフォーマンスがかなり高いので、電気シェーバーを探していて、かつヒゲの濃くない方には超おすすめです。

愛用品②:バルクオムの洗顔ネット

バルクオムの洗顔用泡立てネット

僕は主にバルクオムでスキンケアをしています。

【デメリットあり】バルクオムをステマなしに正直レビューする

バルクオムのスキンケアアイテムは総じて良い感じなのですが、中でもすばらしいのが「洗顔ネット」です。

 

ネットが4層になっていて、洗顔フォームをつけてわしゃわしゃーっとやるだけで神レベルの泡ができます。

バルクオムの洗顔用泡立てネット

ほかの洗顔ネットや泡立て器と比べても圧倒的にすごい泡立ちです…

バルクオムの洗顔泡立てネットが神だった【泡立て器あわわと比較レビュー】

 

「顔は『泡』で洗え」とよく言われるとおり、泡を転がすことで肌を傷つけることなく洗い上げることができます。

660円と泡立てネットとしては高額ですが、とにかく泡立ちのレベルがすごいですし、半年くらいは使えるので、本当におすすめです。

バルクオム (BULK HOMME)
¥660
(2020/04/03 23:52:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

バルクオムの定期コースに申し込めば、洗顔フォーム・化粧水・洗顔ネットの3つがついて初回500円で試せます。

バルクオムは化粧水や洗顔フォームもかなり評判が良い上、定期コースといっても解約は簡単で、しつこい勧誘はありません。

(僕も定期コースから始めて、今は単品購入していますが、サラッと解約できました)

洗顔ネット単品よりもコースの方が明らかに得なので、興味がある方はぜひ定期コースを利用してみてください。

【公式】バルクオム定期コースの詳細はこちら

愛用品③:NULL BBクリーム

nullのBBクリーム

BBクリームは毛穴やニキビ跡など、肌の気になる部分を自然にカバーするとともに、肌の栄養分を与えたり、日焼け止めにもなる万能クリームです。

中でも僕は、NULLのBBクリームを愛用しています。

NULLのメンズ用BBクリームを口コミレビュー【ニキビ跡は隠せる?】

 

nullのBBクリーム

男性がBBクリームを塗る時は、自然に仕上がることがかなり重要。「塗っている感」が出ると明らかに変ですからね。

その点、NULLはメンズ専用なので肌になじみやすく、塗っているのがバレないという特徴があり、非常に重宝しています。

Hiroshi
Hiroshi
肌を自然に綺麗に見せてくれるので、手放せない1本ですね。

 

また、BBクリームって「メイク用品」なので、基本的に落とす際には「クレンジング」が必要なのですが、NULLは洗顔だけで落とせます。

男性でも気軽に使いやすいのが超うれしいです。

 

1本あたり1,800円くらいなのですが、1本で2ヶ月使えます。

1日あたり30円と非常にコスパが高いので、美容にそこまでお金を費やしたくないメンズの方にも最適です。

超気軽に肌をカバーしつつ、スキンケアができるBBクリームは、メンズの方もぜひ1本持っておきましょう。

 

NULLのBBクリームはAmazonで買えますが、公式サイトならば300円クーポンがあるのでより安く買えます(さらに2本買えば1本無料です)。

Amazonアカウントが使えて、面倒な入力も一切不要。

Amazonで買うのと同じくらいの早さで買えるので、公式から買うのがおすすめです。

【公式】NULL BBクリームの購入はこちら

ミニマリストが買ってよかった愛用品のまとめ

ここに書いたアイテムたちは、あまり買い物をしない&買い物のハードルが高い僕が「買ってよかった」と心から思っているものです。

価格的に安いものばかりではありませんが、いずれも価格以上の価値をもたらしてくれるので、コストパフォーマンスは良好だと僕は確信しています。

少しでも心がときめくものがあったら、ぜひチェックしてみてください。

jasonmarkk(ジェイソンマーク)
¥2,200
(2020/04/03 20:19:36時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
Hiroshi
Hiroshi
月間23万PVの当ブログを運営する、25歳のミニマリスト男子。 服や革靴、革小物の経年変化、無印良品、スタバを愛しています。 こだわりのあるモノ・服選びやライフスタイルについて発信中。 最近Instagramも始めました!
ミニマリストの愛用品

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です